IMG_9062
akibyonです。

ポケモンYのプレイのために中断していた、ポケモンホワイト(以下BW)で殿堂入りした。ポケモンのストーリーはお約束のマンネリで、以前、ポケモンは殿堂入りしてからが面白いと書いたように、「殿堂入り」は、その後にできることができるようにするための通過儀礼的に感じていた部分があった。

でも、BWは殿堂入りする前も面白い!

BWのストーリーにはのっけからぐいぐい引き込まれ、自分の中ではXYも含めたポケモンの中で最も好き/イチオシしたい作品になった。

というわけで、ちょっと感想を書いてみたいと思う。

ポケモンは、簡単に言ってしまうと、どれも次のような話だ。
主人公が、博士からポケモンを1匹もらって旅に出る。野生のポケモンを捕まえたり、他のトレーナーと戦いつつ、自分のポケモンを強くしていく。ポケモンリーグで四天王とチャンピオンに勝ち、自分がチャンピオンになるという話。
主人公と敵対することになる「悪の組織」によって若干の展開が変わるものの、大きな変化はない。

以下、ちょっとネタバレ。

 

 

BWの悪の組織「プラズマ団」は、ポケモンが人間に支配されない世界を理想の世界と考えている。ポケモンというゲームシステムそのものに疑問を投げかける存在なのだが、ずっとポケモンで遊んできた私も、プラズマ団のような考え方があってもおかしくないと思った。むしろそれが自然。ストーリーを進めながら、主人公側と悪の組織側の両方の間で感情が揺れ動いた。1本調子のポケモンのストーリーはそのままなのに、今まで以上にストーリーに引き込まれ、ポケモンの世界が一層深まったように感じた。

極めつけがNの存在。ポケモンでは主人公のほかに、同じく博士からポケモンをもらって主人公と一緒に成長し、ポケモンリーグを目指す「ライバル」がいる。これまでのライバルは、同世代の子供で、子供らしい負けん気で、ことあるごとに突っかかってくるだけの存在だった。もちろんBWにも、そのような存在としてチェレンとベルの2人がいる。しかし、ストーリーを進めていくと、真のライバルはチェレンでもベルでもなく、Nなのだと気づく。そしてNこそがライバルの王道、主人公をも食ってしまう魅力的なキャラクターとして立ち上がってくる。

チェレンとベルは「世の中にはさまざまな思想や考え方があるから面白い」「人と違っていい」というBWのテーマを紡ぎながら、主人公とN、プラズマ団の物語に説得力を与える重要な役回りが与えられている。スター・トレックふうに言うと(別に言わなくてもいいが)、無限の組み合わせにおける無限の多様性。

BWは、ハートゴールドまでに集めたポケモンをポケモンバンク経由でXYに送るための橋渡しのつもりでやっていたのだけど、すっかりとりこになってしまった。まだ殿堂入りしたばかりで、後にもまだやることがいっぱい残っているし、BWの続編となるBW2もある。Nも出てくるみたいなので、やらねばなるまい。

関連記事

5つのジムにポケモンを置いたのはじめてかもしれない

EXレイドで久しぶりに田町を歩いた

モンスターボールPlusのオートスピンって便利だね

ポケモンGOと連携! Switch用ゲームソフト

あなたは「ポケモンGOの真髄」をまだ味わっていない

バトルロイヤルのマスターランクで勝てた

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です