エミュレーター

Powkiddy X55(JELOS)の日本語フォントを差し替える

久しぶりに買ったエミュ機「Powkiddy X55」をいじっていたら、日本語のフォントデザインが好みではなかったのでなんとかすることにした。

漢字は全体的に違和感がある。「別」のようになんかバランスが妙だなってのから、「細」の糸へんのように形が違うものまで。右下の「戻」も「戸」のところの形がおかしい

これはPowkiddy X55に始まったことではなくて、同じJELOSをインストールして使っていたAnbernic RG503、AmberELECをインストールしたRG351V、RG351Pでも、システム設定を日本語にするとこうなる。なんなら相当前に海外から買ったSIMフリー版SONY Xperiaの日本語フォントも。外国人が書いたと思われるフィッシングメールとか、インチキショッピングサイトなどでもこの形の日本語フォントが使われているような気がする。

だったら、フォントそのものを置き換えればいいんじゃないかと思って調べてみたところ、メニュー画面で使われる日本語フォントはJELOSの場合、下記の場所にあるようだ。

storage/.config/emulationstation/resources/DroidSansFallbackFull.ttf

代わりにするフォントはGoogle Fontsの「Noto Sans Japanese」をダウンロード。

いろんなウエイトが用意されてる中から普通に「NotoSansJP-Regular.ttf」を使うことにした

「NotoSansJP-Regular.ttf」の名前を「DroidSansFallbackFull.ttf」に変更して、上記の場所のファイルと置き換える。

名前を「DroidSansFallbackFull.ttf」にした「NotoSansJP-Regular.ttf」をFTPでX55にアップロード

アップロード完了後に再起動すればOK。

日本語フォントのおかしいと思っていたところが直った

Powkiddy X55(JELOS)の日本語フォントを差し替える」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。