パーティを調整しつつランクバトルのダブルでマスターボール級になったときが2万4332位。そのあと何度か戦って2万613位までは行けた。その時点で目標は1万位台と思ったのだけど、2万位台をウロウロ。負け続けて3万位台になってしまうこともあった。

そこで自分のドサイドンが手痛い負け方をしたオニシズクモのアイディアをもらってメンバーに入れることにした。
オニシズクモは素早さの種族値が42と遅いポケモンなのだけど、その時のオニシズクモは「くろいてっきゅう」を持っており素早さをさらに半分にしていた。これによって自分の素早さ40ドサイドンを(トリックルーム下では)抜いて、先に行動してきた。素早さ31のデスバーンも抜く。

特性は「すいほう」で、

『みず』タイプの技の威力が2倍になる。また、『ほのお』タイプの技を受けた時、ダメージが半減する。さらに『やけど』状態にならない。

ポケモン徹底攻略より引用

ほのおタイプのわざで攻撃されるときの相手のこうげき・とくこうが0.5倍になる。
自分がみずタイプのわざで攻撃するときのこうげき・とくこうが2倍になる。
自分はやけど状態にならない。

ポケモンWikiより引用

ポケモンWikiに書かれている「ほのおタイプのわざで攻撃されるときの相手のこうげき・とくこうが0.5倍になる」は、相手の能力をダウンさせるように読めちゃうけど、ポケモン徹底攻略の「『ほのお』タイプの技を受けた時、ダメージが半減する」と同じことを言っているのだと思う。だから能力を下げるのではなくて威力を毎回下げると考えるのが正解だと思う。

自分のダイストリームで天候を雨に変えたら、次のターンから水タイプの攻撃の威力はさらに1.5倍になる。
タイプ一致ボーナスの1.5倍がさらに適用されるのかどうかは分からない(分かりました)。

確か、ウオノラゴンに威力75のギガドレインを撃った時と、威力90のなみのりを撃った時では後者の方がダメージが多く入ったことがあったように思う(思い違いでなければ)。

<追記ここから>
ダメージ計算ツール(ポケマス)で調べてみた。

やはりなみのりの方が効果は高い。見るとタイプ一致ボーナスのx1.5も適用されている。

上の状況はダブルバトルの最後に1対1になった時だったのだけど、相手が2体残っている場合はその分の補正0.75が入るので、31〜37(乱数5発)となり、ギガドレインよりも効果が低くなる。

こういうのバトル中にちゃんとわかるようになりたいな。
<追記ここまで>

遅いオニシズクモに黒い鉄球を持たせてさらに遅く。素早さを「ダメかも」にして、性格を「れいせい」にした。偶然に攻撃も「ダメかも」の個体が生まれたのでこのオニシズクモを可愛がることにした

技は、なみのり/ねっとう/ギガドレイン/まもる

このオニシズクモを今までのメンバーの中でほとんど選出されたことのなかったギャラドスと交代した。

それでしばらく戦ってみたところ、オニシズクモを出さずにドサイドンを出せば勝てたかもしれないという状況が何度かあった。うまく運用できていない。それにもかかわらずなぜか順位は上がって1万位台になれた。不思議とトリックルームのない状況で勝てたりもした。瞬間風速で1万4824位。嬉しい!

目標の1万位台に上がれた

今は1万位台と2万位台を行ったり来たり。はっきりとした実感はないのだけど、オニシズクモをメンバーに加えた何かしらの効果はあるものと思われる。

オニシズクモの弱点を肌感覚で分かっておらず、選出ミスしていることが結構ある。オニシズクモのことを思いやりながら自らの戦い方を研鑽し続けたい。

関連記事

最近バトルタワーと掘り出しもの市で手に入れたアイテム

やっぱり6Vメタモンいるとはかどる

ポケモンホームがやってきた(全国図鑑完成への道)

ポケモンシールドのプレイ時間が700時間を超えた

キョダイカンデンについてのメモ

シーズン3もマスターボール級に上がれた

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です