日経XTECHの連載「あなたが知らないiPhone」の通算54回目が公開されました。

最新のiOS 13.1およびiPadOS 13.1では、2台のAirPodsを1台のiPhoneまたはiPadに同時に接続して、音楽や動画などを2人で一緒に楽しむことができる。これは「オーディオ共有」と呼ばれる機能だ。

オーディオ共有でもう1台のAirPodsを追加で接続する場合、AirPodsの使用状態に応じて2つの接続方法がある。またオーディオ共有機能はAirPodsの全モデルの他に「Beats by Dr. Dre」ブランド(以下、Beatsブランド)の一部のイヤホンやヘッドホンにも対応している。接続方法を併せて紹介しよう。

続きはこちらで

関連記事

iPadをパソコンのサブディスプレーに、テレワークを快適にするテクニック

iPadのトラックパッド対応が大幅強化、操作性はパソコンとどう違うのか

テレワークと趣味に生かせる新iPad Pro、LiDARは今後のARアプリに期待

最大32人が無料でビデオ通話、iPhoneの「FaceTime」をテレワークに使う方法

せっかくの高機能を使わないともったいない、iPhoneカメラの5大撮影テクニック

重要なメールを見逃さない、iPhoneの標準アプリで使える3つの便利機能

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です