akibyonです。
iPhone 4Sの予約開始日が正式に決まる前の話。
次期iPhoneが5ではなく4Sで、デザインは4とほぼ同じということが判明して、すぐに液晶保護フィルムをAmazonに注文しました。保護フィルム大切純情派。
で、注文したのは、3GS時代に何種類かの保護フィルムを試してみて最終的にたどり着いたマイクロソリューションの「PRO GUARD AF」です。これの“for iPhone 4”を買いました。
PRO GUARD AF
貼りやすさ、貼ったあとの美しさ、使用感などは、これまで使った保護フィルムの中では最高。これに出会って以降はほかのには手を出していません。安くても失敗したら嫌だから。
PRO GUARD AF
iPhone 4用の保護フィルムは、裏面用の保護シートも付いてくるのが一般的なようです。iPhone 4Sには、バンパー型のケースを装着しようと思っているので、裏面の保護フィルムは重要。
写真では見えにくいですが、左側の方に2枚あります。大判のマイクロファイバークロスがついてきます。いらねーって思うかもしれないけど、これぐらい大きいとしっかり拭けていいですよ。3GS用の「PRO GUARD AF」についてきたのが、まだ使えるので、今回のは未開封で予備に取っておきます。
あとは表面のホコリを取る粘着シートが2枚。こっちがいらねー。
さて貼り方は、今回も前に紹介した方法で貼ったので、詳細はリンク先を参照していただければと思います。
参照→液晶保護シート貼りはセロテープが大活躍
吸着面の離けいフィルムは一気にはがし、上部のスピーカーとホームボタンの位置に注意して、真ん中から大胆に貼ってしまうやり方です。リンク先ではセロテープを取っ手代わりにしていますが、「PRO GUARD AF」は適度な硬さで張りがあるので、取っ手なしでも位置合わせが楽にできます。おかげで貼りやすいし、空気も入りにくい。
PRO GUARD AF
位置決めが手早くできるので、保護フィルムを貼り付けるときにホコリも入りにくいです。ホコリが入ったらセロテープでフィルムを浮かせて、隙間にセロテープを差し込んで取り除くわけですが、ホコリがほとんど入らないので、この作業も全然時間がかかりません。今回は写真の1ヵ所だけでした。
ま、これはiPhoneが新しくてホコリがつきにくいってこともあるかもしれません。だから保護フィルムでこの状態をキープするのだ。
PRO GUARD AF
きれいに貼れました。「PRO GUARD AF」おすすめです。
次はケースですね。3GSを使っているときから、iPhone 4にはこれが似合うだろうと心に決めていたバンパータイプのケースを買いました。
それはまた次回。
→「iPhone 4SのケースはDeff CLEAVE ALUMINIUM BUMPERで決まり」に続く。

関連記事

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

2019年に買って活躍したものたち

iPad Pro用にイヤホンジャック付きのUSB-Cドック購入

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です