akibyonです。
お久しぶりです。ブログに書きたいことはいっぱいあるのですが、時間と心の余裕がなくて更新できずにいました。
さて、先日、MacBook Proのメモリーを8GBに増設した話を書きましたが、そのとき大変なミスを犯していたことがわかりました。私のMacBook Pro(13-inch, Mid 2009)はDDR3-1333 (PC3-10600)には対応していなかったのです。→技術仕様
購入したDDR3-1333をメモリースロットにさして起動すると、一応はDDR3-1333と認識されて「このMacについて」にもそのように表示されました。
ところがその後、作業中にフリーズが多発、何もしていなくてもいつの間にかカーネルパニック画面になっていることがよくありました。こういう場合、メモリーを疑うのが定石ですが、勝手に下位互換性はあると思い込んでいて、速いメモリーを積む分には問題はないと考えていたために、真相にたどり着くのにすごく時間がかかってしまいました。全然使えなくなるってほどでもなかったし。
というわけで、MacBook Pro(Mid 2009〜2010)を使っている方は、DDR3-1066 (PC3-8500)を買うほうが安全だと思われます。DDR3-1333よりも高いのが玉に瑕ですが。

DDR3-1333に正式に対応しているのは、MacBook Pro Early 2011からです。→技術仕様

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

  1. わんさ

    はじめまして。
    実は自分も全く同じ状況になっていろいろと
    調べてココにたどり着きました。
    そうなんですね。速すぎるのも困りもんですね。
    参考になりました。ありがとうございました。

  2. akibyon

    コメントありがとうございます。
    お役に立ててよかったです。
    早過ぎるメモリは、次にMacBook Proを買うまでしまっておくことにしました。

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です