iPhoneのパスコードを忘れたら思い出したい、リカバリーモードへの入り方

第8回
iPhoneのパスコードを忘れたら思い出したい、リカバリーモードへの入り方

iPhoneには指紋認証(Touch ID)や顔認証(Face ID)といった仕組みが搭載され、以前よりもパスコードを入力する機会は減った。しかし、それらの認証に失敗した場合や、iPhoneを再起動した直後にはパスコードが必要になる。パスコードを5回連続で間違えて入力すると「ロックアウト」状態になり、再入力できるようになるまでに1分待たなければならなくなる。認証失敗を続けると待ち時間は5分、15分、1時間と延びていく。思い出せそうになければ「リカバリーモード」にすることでパスコードを消去し再設定するとよいだろう(図6)。ただし、iPhoneを完全に初期化することになるため、バックアップがなければ元には戻せない点に注意しておこう。なお、初期化するだけなら自分のパソコンでなくてもよい。

↓連載の目次はこちら
WindowsユーザーのためのiPhone/iPad活用術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。