LSDjで2台のGBAを同期演奏すると楽しい

LSDjにSYNCという項目があり、通信ケーブルで接続するだけで2台のGB, GBAを同期できるって知って、いつやってみたいと思っていてようやくできました。

必要なものは、GBまたはGBAを2台、GB用Flash ROMが2つ、GB用通信ケーブル 1本。

GBまたはGBAが2台必要。LSDjの操作はSELECTキーと十字キーの同時押しをよく使うから、GBまたはGBASPのボタン配置が使いやすいと思う
GB USB Smart Card 64Mを持ってたんだけど、このためにEZ-FLASH Juniorを買い足しました

ちなみにGBAでEZ-FLASH Omegaのエミュレーション機能を使ってLSDjを動かした場合はセーブ/ロードできません。なのでGB USB Smart Card 64MやEZ-FLASH JuniorのようにLSDjがGBソフトとしてネイティブに振る舞うFlash ROMが必要です。LSDjのマニュアルには以下のようにあります。RG351Pのエミュレーションでは大丈夫でした。

FILEスクリーンはカートリッジが512Mbit以上のSRAMを有している場合のみ使用可能になります。

GB用の通信ケーブル。LSDjの同期にはGBA用ケーブルは使えません

GBAはGBA用の通信ケーブルとGB用の通信ケーブル両方が使えますが、GBのソフトではGB用のケーブル、GBAのソフトではGBA用のケーブルと使い分けが必要です。LSDjはGB用ソフトなのでGB用のケーブルを使います。

ケーブルでこんなふうに接続します
両方のLSDjで、PROJECT画面のSYNCをLSDJにします

あとはどちらかのGB, GBAでスタートするだけです。SONG画面のカーソルの位置づけた場所からスタートして同期演奏するので、通常は2台とも同じ場所にカーソルを位置付けておかないと、演奏がズレる感じになってしまいます。

LSDjで2台のGBAを同期演奏すると楽しい」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。