日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算82回目が公開されました。

ビジネス文書を作成するオフィスアプリと言われて真っ先に思いつくのは「Microsoft Office」(以下「Office」)として知られる「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリだろう。米Microsoft(マイクロソフト)からiPad用やiPhone用のOfficeがリリースされており、パソコン版との文書の互換性は非常に高い。テレワーク用に導入したiPadでビジネス文書を作成・編集する場合、Officeは必須のツールといえる。

今回はiPadをWindowsパソコンのサブマシンとして使う場合などに便利なテクニックを紹介しよう。

続きはこちらで

関連記事

強力なパスワードを楽々管理、iPhone「キーチェーン」の使い方を覚えよう

Apple Watch併用でマスク着用時にiPhoneロック解除、本当に便利で安全か?

iPhoneの「Appleでサインイン」、ネットサービスを安全かつ手軽に使う

Webページの情報をまとめて管理、iPhone標準のメモアプリを使いこなす

iOS 14の新機能に戸惑わない、iPhone電話アプリ活用術

便利だがややこしい、iPhoneのウィジェットを使いこなす

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です