ターミナルでイメージ化する方法を書いたのですが、もっと簡単な方法があることを忘れていました。
それはMacの標準アプリの「ディスクユーティリティ」を使う方法です。
ディスクユーティリティは「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダーに入っています。

ディスクユーティリティを起動して光学メディアドライブにPlaystationのディスクをセットしたら、サイドバーにそのゲームのメディア名が現れます。

Playstationのディスクをセットすると光学メディアの装置名の下に表示される

装置名を右クリックして「(装置名)からイメージ作成)」をクリックします。ここでメディア名を右クリックして先に進むと失敗するので注意してください。

光学メディアの装置名を右クリックして「(装置名)からイメージ作成」をクリックする

保存先を指定して保存します。

しばらく待つとイメージ化が完了する

ディスクユーティリティでやるとイメージ化の進行具合をプログレスバーで確認できるからターミナルよりも安心して待っていられますね。

イメージのファイル名は「(装置名).dmg」となるので適に変える

ディスクユーティリティでイメージ化すると拡張子が「.dmg」になります。RG351Pはこのままで認識できるか試していないのですが、私は「.iso」に変更して使っています。

関連記事

Cloud Outliner Proを導入してみました

MacだけでGB USB smart card 64MのLSDjに曲を出し入れする

EZ-FLASH Omegaが「No Loader found」になって焦ったとき

Macだけでも351ELECのmicroSDは作れる!

EZ-FLASH Omegaを使ってみた

インプレッションデータが表示されていないため確認が必要です

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です