12.9インチiPad ProではBrydge Pro+というトラックパッド付きのハードウェアキーボードを使っている。

去年3月のiPadOSのトラックパッド対応を機に、トラックパッドなしのBrydge Proからしばらく悩んで乗り換えた。
iPadはトラックパッドじゃなくて画面を指で操作した方ができることが多いので、純正のMagic Keyboardのトラックパッドも今ひとつなのだけど、Brydge Pro+のトラックパッドはそれ以下だった。1度ファームウェアのアップデートがリリースされたんだけど、満足いくものではなかった。

というのも、Brydge Pro+のトラックパッドは相変わらず独自機能で実現していて、iPadOSの標準機能を使っていないと思われる。なので2本指ジェスチャーも限定的。使えるシーンと使えないシーンがあった。ページの上下スクロールなんかはできるんだけど、それでもスクロールがガタガタだったりするので、結局指で画面を操作することが多かった。

それが先日Brydgeから案内があり、

Set to be officially released in April, our latest firmware update will instantly bring native multi-touch capabilities to the Pro+ trackpad. Enabling a natural experience, just like you’re used to.

Once released, existing and new Pro+ customers will be able to update their device in a matter of seconds via the Brydge Connect app. Sign up to receive early access to the firmware update.

4月に正式リリースされる予定の最新ファームウェアアップデートにより、Pro+トラックパッドにネイティブのマルチタッチ機能が即座に搭載されます。慣れ親しんだような自然な操作感を実現します。

リリース後は、既存のPro+のお客様も新規のPro+のお客様も、Brydge Connectアプリを使って数秒でデバイスをアップデートすることができます。ファームウェアアップデートへの早期アクセスを希望する場合は、サインアップしてください。

とのこと。早速ベータテストに申し込んで、今日、使えるようになった。
サポートされるのがiPadOS 14.5なので、これもリリースされる前だからパブリックベータ版にアップデート。

Brydge Connectというアプリを使ってファームウェアをアップデートする

このファームウェアアップデートでBrydge Pro+のトラックパッドがようやくMagic Keyboardレベルまでまともになった。前述したスクロールなどもスムーズでストレスがずいぶん軽減された。Brydge Pro+を買ったことを結構後悔していたんだけど、それもほぼ解消された感じがする。Magic KeyboardよりもiPadを開ける角度とか、キータイプの感じなど色々好きなので。よかった! これからもっと使うよ!

あとはMacのトラックパッドみたいに、3本指のドラッグが使えれば言うことなしなんだが。iPadOSそのものに機能がないし、Magic Keyboardでも実現してないから現時点では仕方がないね。

この12.9インチiPad Proは2018年モデルで、買ったのは2018年の11月の初め。ハードウェアキーボードは純正のSmart Keyboard Folioを買わずに、Brydgeが対応製品を出すのを待った。予約が始まったのが年明けの1月だったかと思う。手元にどといたのは2019年5月末だった。

このとき買ったのはトラックパッドがついていないBrydge Pro。Brydge Pro+はすでにあったと思うが、当時はアクセシビリティ機能で表示したポインターを動かすって感じで操作性が今ひとつだったから、トラックパッドなしを選んだ。

トラックパッドパッドなしのBrydge Pro。今でもトラックパッドのないこれで十分かなとの思いはある

トラックパッドの操作性が少し良くなったのが、2020年3月にリリースされたiPadOS 13.4がトラックパッドに対応し、その後しばらくしてからBrydgeからリリースされたファームウェアのアップデートで。

関連→iPadのトラックパッド対応が大幅強化、操作性はパソコンとどう違うのか

今年の7月ごろにBrydge Proのctrlキーが壊れてしまった。たぶんキーボードから外したiPadを画面を上にしてキーボードに重ねたときに、カメラの出っ張りが引っ掛けたのではないかと思う。外れたキーを見て、かなり小さな爪でひっかかっていることがわかったから、これからは注意しようと思う。このことがなかったらBrydge Pro+を買うことはなかったろうと思う。

7月ごろにそれまで使っていたBrydge Proのctrlキーが壊れた。キーの裏の爪が折れていてどうやっても直せない状況になった。しばらくしてトラックパッド付きのBrydge Pro+を買った

関連記事

Cloud Outliner Proを導入してみました

イヤホンジャックに接続するBluetoothトランスミッターを買いました

MacBook Airにスタンドをつけたら快適になりました

USB-A to 2.5インチSATAアダプターを買いました

自宅で旅行気分を味わえる、iPhoneマップ「Flyover」の楽しみ方

iPad ProとMagic Keyboardは最強の組み合わせか?「目からウロコ」の開き方も伝授

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です