日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算59回目が公開されました。
結構マニアックなことを書いたので、普段からこんな使い方をしてる人以外はわからない話かもしれない。
でもまあ、書いておきたかったので書きました。

2020年3月25日にアップデートされたiPad用のOS「iPadOS 13.4」は、より洗練された形でBluetooth対応のマウスやトラックパッド(タッチパッド)をサポートしている。
筆者は以前からiPadにキーボードを接続してモバイルの作業などに利用しており、今回のアップデートで普段の作業がどのぐらい便利になるのかを検証してみた。

続きはこちらで↓
iPadのトラックパッド対応が大幅強化、操作性はパソコンとどう違うのか

関連記事

iPadをパソコンのサブディスプレーに、テレワークを快適にするテクニック

テレワークと趣味に生かせる新iPad Pro、LiDARは今後のARアプリに期待

最大32人が無料でビデオ通話、iPhoneの「FaceTime」をテレワークに使う方法

せっかくの高機能を使わないともったいない、iPhoneカメラの5大撮影テクニック

重要なメールを見逃さない、iPhoneの標準アプリで使える3つの便利機能

2台のAirPodsでiPhoneの音楽をシェア、便利な「オーディオ共有」使いこなし術

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です