Playstation版のWizardryをモバイルでやるためにRG351Pを買ったというのに、持ってるゲームをいくつか試していたらGBA版のMOTHER1+2が画面にしっくりくる(縦横比がぴったりでドットもぼやけない)ので、MOTHER2の方をやっていた。以前は途中で挫折してしまったのだけど、今回は最後までプレイできた。こんな話だったのか。

MOTHERシリーズはちゃんとプレイしたことがなかったのだけど、ずっと気になっていたタイトルだった。ゲームのサントラだけ持っててそれが大好きだったってこともある。今聴くとかなりチップチューン。かなりポップミュージックっぽいのでゲームを知らずに曲だけ聴いてても楽しいと思う。

特に好きなのはMOTHER2。ポップさの中にニューウェーブ的な変な要素も入ってる。これはムーンライダースの鈴木慶一が作曲に関わってることが大きいと思う。1の方もそうなんだけど、スーファミ音源の2の方が好き。3はGBAになってサンプリングも多用されてる。低レートのサンプリング音が今聴くとかっこいい。でもニューウェーブ的な変な要素はかなり減ってしまっているのが少し残念。

2が終わったから3をやり始めたんだけど、冒頭のかなり重たい内容に、今ちょっとつらいのでいったんやめることにした。

GBAのゲームはRG351Pの画面にピッタリ。ドットもくっきり

関連記事

MacだけでGB USB smart card 64MのLSDjに曲を出し入れする

EZ-FLASH Omegaが「No Loader found」になって焦ったとき

Macだけでも351ELECのmicroSDは作れる!

EZ-FLASH Omegaを使ってみた

もっと簡単にMacでPlaystationのディスクをイメージ化する

MacでPlaystationのディスクをイメージ化する

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です