日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算80回目が公開されました。

「ウィジェット」は、アプリを起動せずに情報を確認できる便利な仕組みだ。ウィジェット自体は2014年発表の「iOS 8」から存在する機能だが、2020年11月にリリースされた「iOS 14」でiPhoneのホーム画面にもウィジェットを配置できるようになった。

従来型のウィジェットとホーム画面に配置できるウィジェットは、実はiOS 14内で扱いが異なる。このためユーザーがカスタマイズする際には注意が必要となる。今回はその違いとカスタマイズのポイントを紹介する。

続きはこちらで

関連記事

WindowsとiPadでビジネス文書を共有、Officeの便利な使い方

iOS 14の新機能に戸惑わない、iPhone電話アプリ活用術

AirPodsの音質を自分の耳に最適化、iOS 14の「ヘッドフォン調整」を使いこなす

iPhoneのカメラで手軽にRAW撮影、「Apple ProRAW」の便利な使い方

2021年の祝日は東京五輪で変更に、iPhoneのカレンダーは大丈夫?

複数アカウントを使いこなす、iPhoneメールアプリの知られざる便利機能

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です