2020年11月13日に5.4型ディスプレー搭載の「iPhone 12 mini」が発売された。筆者は「iPhone 12が小さくなっただけでしょ」と完全にノーマークだったのだが、実際に使ってみると「小さくなっただけ」がすごいことに気付かされた。

iPhone 12 miniは2020年の新型iPhoneのダークホースではないだろうか。小さなiPhoneを待ち望んでいた人だけではなく、手に取った多くの人にインパクトを与えるモデルだ。

続きはこちらで

関連記事

コロナ禍で生きるiPad Air(第4世代)の指紋認証、新方式のTouch IDに戸惑う

そのスペックに思わず妄想が膨らむ、Apple Silicon搭載Macのすごさ

逆光撮影にハマる!iPhone 12 Proのコンピュテーショナルフォトグラフィー

iPhone 12のデザインは「iPhone 5への回帰」?いいえ、全然違います

機種ごとの違いがハッキリしたiPhone 12シリーズ、どれにするか迷う

「新しい生活様式」を意識、健康管理機能を強化したApple Watch Series 6

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です