2019年に買って活躍したものを紹介します。

SAGUARO ベアフット トレーニングシューズ ポータブ メンズ レディース 22.5-29cm


ジムで筋トレするときに履いているシューズです。これを3月に買うまで、トレーニングをはじめて2年ぐらい、ずっと普通のジョギングシューズを履いていたのだけど、新しいシューズを買おうと思ってネットで情報を探していたら、全然クッションのない地下足袋のようなシューズのことを知った。

Amazonで見ると値段も安いので試しに買ってみたらかなり良かった。バーベルなどを持ち上げる際に、足の裏が床をしっかり感じて踏ん張れる。ジムのトレーナーも、実はこういうのが良いと教えてくれた。でもあんまり履いてる人は見かけない。たまにガチな人が履いてるぐらい。

Amazonのレビューではジョギングにも良いって書いている人がいたけど、トレッドミルのような多少クッションのあるベルトの上でも、10分ぐらい走っていると膝にきたので、自分には難しいと思う。このシューズはジョギングシューズよりもスペースを取らないのでジム用バッグがコンパクトになると喜んだのだけど、結局はジョギングシューズも持って行ってる。

すぐにダメになるというレビューもあったけど、自分のは今でも問題なし。ダメになったらまた買うと思う。

Oittm Apple Watch Series 4 充電スタンド 3in1充電スタンド 充電 クレードル ドック 4ポート USB充電器


4月ごろに買いました。Apple Watchを置くだけで充電できてUSBポートが3つあるスタンド。Apple Watchの充電ケーブルを中に入れてそれを使う仕組み。ケーブルだけだとぐちゃぐちゃしてしまうから、これがあるとすっきりする。地味に良いのはACアダプターじゃなくて、コンセントに直でつなげる点。コンセントのところにいろいろなでかいアダプターがあって挿せないってことになりにくい。この製品はもうAmazonでは売ってないけど、それで3000円しないのは今でも珍しいかも。
以前はこのスタンドのUSBポートを色々と接続して充電に使っていたのだけど、今は3つのポートは空いたままのことが多い。iPhoneを別のワイヤレス充電器で使うようになったからと、iPadもUSB PDの充電器で高速に充電することが増えたから(充電が早いから1つのUSB PDで何とかなる)、普通のUSBポートで充電する必要が無くなってきたからかもしれない。

ApplePencil・ApplePencil2用替え芯(ソフトタッチ 3個セット)BM-APRPSIN


9月に買いました。12インチのiPad Pro 2018にペーパーライクフィルムを貼って、Apple Pencilの書き味を改善していたのだけど、どうしても指の反応が悪くなることがありストレスだったので、どうしようかなと思っていたときに見つけました。
ディスプレイをどうにもできないならペン先に手を加えれば良いじゃない!という発想が気に入った!
ペーパライクフィルムよりも、ちょっと落ちる気はする。でも純正のペン先よりも適度に抵抗があり、ほぼストレス無し。
ペン先の磨耗は結構激しい感じ。
今は、同種の製品が結構ある中で、ペン先が3つ入っているのは割安。ほかの製品も試してみようとは思う。どれも純正よりも安いし。
詳しいレビューはこちら

Kindle Paperwhite Wi-Fi 32GB 広告つき


買ったのは2018年11月なのだけど、2019年は風呂に毎回のように持ち込んで読書していたので、丸1年がっつり使いました。いくら防水だからってお風呂で使ってたらそのうち壊れちゃうと覚悟しているのに全然大丈夫。
画面が小さいのでコミックスを読むのは少しつらい。iPad miniぐらいがちょうど良い。でもiPad miniをお風呂に持っていくのは防水のケースに入れたりして大変なので、壊れていもいいやって感じでラフに持って入れるKindle Paperwhiteがちょうどよかった。
自炊したデータも入れて読んでいます。本当ならKindle Oasisぐらいのサイズだと良いんだけど、32GBで3万円近いのだとちょっとお風呂に入れたくないかも。

AirPods Pro

iPhone 11 Proが活躍しているのは普通すぎるから挙げないんだけど、これは超大活躍しているから挙げたい。ノイズキャンセリング機能はもちろん良いのだけど、それ以上に耳にしっかり装着できて落ちにくいところがいい。アップル製端末をいくつも使っている人は、1つ持っていたら幸せになれる製品だと思う。

Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ


これとポケモンシールド。昨年ラスト2ヶ月はこれに尽きる!
息子は通常のSwitchを買って、テレビにつなげたり、コントローラーを外して腕を楽にした状態でプレイできるってのもいいなと思ったけど、Liteのサイズはやっぱりよかった。ジーンズの後ろポケットにも入るし。2020年もずっとポケモン専用機として活躍すると思う。

KORG ワイヤレス MIDIキーボード microKEY Air-25


最後は2019年に買ったけど、あまり活躍できなかったもの。
MacのGarageBandで曲を作るときに、今まではケーブルでMIDIキーボードを接続していて、結構手間だったのだけど、これならBluetoothで接続できるから配線しなくていい。iPad ProのKORG Gadgetを使うときも、1つしかないUSB-Cポートを塞がなくてもいいから、夜中に有線イヤホンを接続して使えたりする。
遅延を心配する人もいるけど、全然気にならないよ。MIDIの規格自体がケーブル接続しててもそんなに速くないから大丈夫なんじゃないかな。
2020年はこれをライブに使いたいと思います。

関連記事

ついに自分もオンラインミーティング

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です