MacBook Pro 2012年モデル、15インチのRetinaディスプレイじゃない方「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012) 」。

ディスプレイは標準だと1,440 x 900ピクセルなのだけど、CTOで「高精細」1,680 x 1,050ピクセルにしてある。

プロセッサは2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)、GPUはNVIDIA GeForce GT 650M、512MB GDDR5メモリ。

今は息子が、主にWindows PCとしてゲームに使っている。Boot Campを使って32ビット版のWindows 7をインストールしてある。

なぜ32ビットでなぜ7なのか、正確には思い出せなかったのだけど、息子と話しているうちにMac側のJava環境で動作させているゲーム(マイクラ)があって、Javaのバージョンを上げると一部のMOD動かなくなるから、macOSをEl Capitanで止めた。すると、そこでサポートされているBoot Campは32ビット版のWindowsしかサポートしておらず、32ビット版でライセンスの余ってるのが7しかなかった。というような感じだった。

もしかしたら、逆で、ライセンスの余ってるWindowsが32ビットの7しかなく、El Capitanより後のmacOSで動作するBoot Campは、7をサポートしないから、それ以降にはしなかったのかもしれない。なんとなくこっちが当たっているような気もする。

Windowsゲームの世界では、要求される環境はすでにWindows 10の64ビット版であることが多くなっているそうで、遊びたいと思ったゲームが動かないってこともあるそうだ。確かに以前、頼まれて購入したゲームもそうだったことを思い出した。

しかし、今でも7から10へ無料でアップデートできるらしい。

Windows 10への無償アップグレードキャンペーンはなぜまだ続いているのか?

上の記事を読んで試してみたところ、Boot Campを使ってインストールしてあるWindows 7も無料で10にアップグレードすることができた。とても簡単。でも32ビット版は32ビット版にしかならない。その話をSNSでしたところ、32ビット版から64ビット版にも無料でできるという情報をもらった。

Windows10にアップグレードする際に32bit版のWindows7/8.1を64bit版へ無料で変更する方法

これなら息子のMacBook ProのWindowsも無料で10の64ビット版にできるかもしれない。続きます

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

サウンドドライバ「Audiojingle」を削除する

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です