神奈川県初のApple Storeがラゾーナ川崎にオープンする。12/14のオープンに先立ってプレス向けの内覧会があり、それに参加してきた。

自分の中では、神奈川県にApple Storeができるとしたら横浜だろうと勝手に妄想していて、そんな妄想日記「未来からのアップデートiPhone Xの巻」を書いたこともあって(なんと2012年にiPhone Xの登場を予測してるという)、若干嫉妬まじりで訪問した。

ラゾーナの広場に面しており、全面がガラス。広場で遊んでいるファミリー越しにストアを見ると、そのままApple川崎のコンセプトを示しているように思えた。考えてみれば、横浜で今こんなにファミリー層にアプローチできる場所はない。みなとみらいは観光地だし小さな子どもを連れた家族にはあまり好まれる場所ではない。

最近のストアでは「Today at Apple」というApple製品を活用するための「セミナー」に力を入れている(Appleは「セミナー」という言い方はしておらず「Today at Appleのプログラム」とか「セッション」と表現しているのだけど、一般的には伝わりにくいと思うので自分は、まず「セミナー」と書くようにしている)。

Apple川崎では他のストアよりも小さな子ども向けのセッションを多く開催する予定とのこと。
プレス向けの公開が終わった後、地域の小学生のクラスを招いて、Swiftを使ったセッションを開催していた。

Apple川崎の前に広がるラゾーナ川崎広場では小さな子どもを連れた家族が遊んでいた

Apple川崎はJR川崎駅の改札を出てから歩いて5分とかからない。駅からのアクセスの良さはストアナンバー1だ。うちから一番近いApple Storeでもあるので、これからもっとも利用することになると思う。

オープン記念のノベルティは幌製のトートバッグ。丸の内や福岡のノベルティもトートバッグだったのだけど、素材が幌に変わっていた。以前のトートバッグはデュポン製の特殊な素材で、薄く軽く丈夫とのことだけど、ちょっとショッピングバッグっぽかった。中に入れるもので形が簡単に変わっちゃうってのがいまいち。
でも今回のはしっかりした素材なのでその点も良さそう。

Apple川崎オープン記念ノベルティ。奥にある丸の内と博多の箱と比べると結構大きい
トートバッグが幌製に変わっていました

オープンは今週土曜日の10時。そのときにまた行くつもり。

関連記事

トリックルームパーティの改良案

五十肩になりました

2020年の挑戦

2019年に買って活躍したものたち

Apple川崎オープンの待ち行列は1ブロック以上先まで伸びていた

マイプロテインのアルファメンの価格

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です