日経XTECHの連載「あなたが知らないiPhone」の通算50回目。

米アップル(Apple)は2019年11月21日、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」それぞれの専用バッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を発売した。iPhoneを使いながらケース内蔵のバッテリーから給電できる。バッテリーの使用時間を最大1.5倍に延ばせる製品だ。

筆者はiPhone 11 Pro用のSmart Battery Caseを発売日に入手して2週間ほど使っている。単なる「サブバッテリー」だとしたら購入しなかっただろう。Smart Battery Caseの使用感や、筆者が購入を決めた意外な付加機能についてリポートしよう。

続きはこちら
iPhone 11 Proの「Smart Battery Case」、購入の決め手になった意外な理由

関連記事

役には立たないけど楽しい、iPhoneとっておきの「イースターエッグ」4連発

神奈川県初のアップル直営店「Apple川崎」、開店日に1200人も並んだ人気の秘密

iPhoneがゲーム機になる「Apple Arcade」、使って分かった意外な効果

iPhoneと相性抜群のAirPods Pro、ノイズキャンセリングはどこまで使えるか

3万円台で買える第7世代iPad、純正キーボードやApple Pencilの使い勝手は?

使わないと損!ものすごく便利になった「iPadOS」のマルチタスク操作

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です