日経XTECHの連載「あなたが知らないiPhone」の通算50回目。

米アップル(Apple)は2019年11月21日、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」それぞれの専用バッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を発売した。iPhoneを使いながらケース内蔵のバッテリーから給電できる。バッテリーの使用時間を最大1.5倍に延ばせる製品だ。

筆者はiPhone 11 Pro用のSmart Battery Caseを発売日に入手して2週間ほど使っている。単なる「サブバッテリー」だとしたら購入しなかっただろう。Smart Battery Caseの使用感や、筆者が購入を決めた意外な付加機能についてリポートしよう。

続きはこちら
iPhone 11 Proの「Smart Battery Case」、購入の決め手になった意外な理由

関連記事

iPadをパソコンのサブディスプレーに、テレワークを快適にするテクニック

iPadのトラックパッド対応が大幅強化、操作性はパソコンとどう違うのか

テレワークと趣味に生かせる新iPad Pro、LiDARは今後のARアプリに期待

最大32人が無料でビデオ通話、iPhoneの「FaceTime」をテレワークに使う方法

せっかくの高機能を使わないともったいない、iPhoneカメラの5大撮影テクニック

重要なメールを見逃さない、iPhoneの標準アプリで使える3つの便利機能

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です