日経XTECHの連載「あなたが知らないiPhone」の通算50回目。

米アップル(Apple)は2019年11月21日、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」それぞれの専用バッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を発売した。iPhoneを使いながらケース内蔵のバッテリーから給電できる。バッテリーの使用時間を最大1.5倍に延ばせる製品だ。

筆者はiPhone 11 Pro用のSmart Battery Caseを発売日に入手して2週間ほど使っている。単なる「サブバッテリー」だとしたら購入しなかっただろう。Smart Battery Caseの使用感や、筆者が購入を決めた意外な付加機能についてリポートしよう。

続きはこちら
iPhone 11 Proの「Smart Battery Case」、購入の決め手になった意外な理由

関連記事

WindowsとiPadでビジネス文書を共有、Officeの便利な使い方

iOS 14の新機能に戸惑わない、iPhone電話アプリ活用術

便利だがややこしい、iPhoneのウィジェットを使いこなす

AirPodsの音質を自分の耳に最適化、iOS 14の「ヘッドフォン調整」を使いこなす

iPhoneのカメラで手軽にRAW撮影、「Apple ProRAW」の便利な使い方

2021年の祝日は東京五輪で変更に、iPhoneのカレンダーは大丈夫?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です