解禁されたスーパーダブルでどこまで行けるか、macOSを再インストールしたり、GarageBandをApp Storeからダウンロードしたりの合間にやっていた。

構成は普通のダブルで20連勝したときのメンバーからジャローダを外して、デンリュウを入れた。

とにかく「コットンガード」を使いたくて育てた耐久型のデンリュウ

デンリュウも大好きなポケモンの1つ。「リュウ」って付くのにドラゴンじゃない。メガ進化を獲得してドラゴンが入るってのもいい。

好き過ぎて上の型のデンリュウを微調整して何匹も育てた。「10まんボルト」の代わりに「かみなり」を覚えさせたり、努力値を「とくこう」に振らずに「とくぼう」に振ったタイプとか。だからって特にこれで快進撃できるかっていうとそうでもないんだけどね。

面白いのはコットンガードを1回使っておくと、弱点の「じしん」でも超耐える。シュカのみ持ってるから一発目のダメージはさらに小さい。先日のダブルで、ガブリアスと一緒に出たときに安心して「じしん」を撃てるのはバシャーモが守った時だけと書いたけど、今回はデンリュウの場合も相手に確実にダメージを与えられるときには撃てた。

このデンリュウの弱点は遅いこと。多くの場合、コットンガードが決まる前に技を受けてしまう。そのためのシュカのみってわけでもあるんだけど。特殊技にも弱い。「とくぼう」を上げつつ、電気技の威力の上がる「じゅうでん」を覚えているんだけど、1段回ずつなんでなかなか。

カゴのみを持たせて「ねむる」を使う、マジ耐久型ってのも育てた覚えがある。その時は耐久で最後の1匹に残って、攻撃技はでんきタイプしかないから、相手がじめんタイプで有効打が無いまま負けてしまったので、多少は攻撃もできた方がいいから、この技構成で落ち着いているのかも。じゅうでんの代わりに別の攻撃技を入れるのもアリかなぁ。

スーパーダブルの20戦目に出てきたのはギーマ。ブラック・ホワイトの四天王なのだけど、覚えてなかったです。30戦目にも出てきた

スーパーダブルで20連勝まで行ったところで、デンリュウと入れ替えで、ウォッシュロトムを入れた。

大流行したウォッシュロトム

水タイプの攻撃技が入って相手への有効打が増えて、特性「ふゆう」なので、じめんタイプの技の影響を受けないって良くなったはずなんだけど、すごく戦いやすくなったっていうわけでもなく、30連勝したあたりから厳しくなってきた。そういうものなのかもしれないけど。

そこで色気を出して、壁張りニャオニクスを導入。先日、ドロバンコから奪い取ったひかりのねんどを持たせたやつ。
ニャオニクス、クチート、ガブリアス、バシャーモという構成。

壁張りニャオニクス。対人バトルで出すと速攻で「ちょうはつ」される

壁張り専門みたいな技構成なので、その分攻撃要員が減り、戦いにくい感じになってきたなーと思っていたら、38戦目で負けて、記録は37連勝。技を読んで耐久のあるポケモンで受けるってやってた色気のない戦い方の方が良かったのかもしれない。ジャローダでもう1回やってみようかな。

今後は第7世代のポケモンも育てて使いたい。今のところ考えているのはカプ・コケコとカプ・テテフ。

関連記事

海のたまごのミュウツー戦

カプ・レヒレ捕獲大作戦(2)

カプ・レヒレ捕獲大作戦(1)

野生ポケモンから道具を入手する専門員

バトルツリーで20連勝できた

ポケモンGOのトレーナーレベル40になったなら

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です