日経XTECHにApple Watch Series 5のレビューを書きました。

2019年9月に行われたアップルの製品発表会で、Apple Watchの新モデル「Apple Watch Series 5」が発表された。2015年の初代Apple Watchから毎年1回必ずアップデートされて、今回が第5世代になる。アルミニウムケースのGPSモデルにスポーツバンドを組み合わせたもっとも安価なものは、ケースサイズが40mmで4万2800円(税別)、44mmで4万5800円(税別)だ。

筆者は初代からApple Watchを使い続けており、昨年は「Series 4」を購入。今回、Series 5を試用して約2週間たった。気付いた点や使い勝手の違いなどをリポートする。

文字盤の常時表示で「普通の時計」に進化したApple Watch Series 5

関連記事

iPhoneとiPadが障害者支援に威力、青森県の「りんご」使い方講座がユニークだ

東日本大震災の教訓生かせ、あの「りんご」は青森県の情報弱者を救えるか

MacのOSを旧バージョンに戻したいけどバックアップが無い、その時どうする?

【Apple Watch フィルムおすすめ5選!】気泡が入りにくい・指紋がつきにくい

「Pro」に負けないiPhone 11のナイトモード、いい雰囲気の写真が手軽に

iCloudもパソコンも不要、iPhone同士でデータを直接移行する便利な方法とは

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です