就職活動はインストラクターにばかり応募していたわけではなく、求人の少なさにしかたなく、ヘルプデスクやテレフォンサポートの会社を受けたりしていた。
その中で「NECパソコンをお持ちのお客様から頂く技術的な質問や修理受付に応対する」という仕事内容で募集している会社があった。そこを受けて内定したのだけど、やはりやりたい仕事ではなかったので、辞退した。表向きは「給与面で」と断った。

その後事業部長から電話がかかってきたというのは、この会社である。社長がぜひ会いたいというので、もう一度きてくれないかということだった。社長はテレフォンサポートだと月に30万も稼げないので、別の仕事をしたらいいとSEの仕事を提示してくれた。
結局、SEの仕事もしたいわけではなかったので数日考えて断った。

この事業部長も社長も元NECの人で、NEC OBの天下り先みたいな会社だった。そこへNECの後輩である私が求人に応募してきて、給与面で不満があり辞退したので、なんとかしてやろうと思ったそうである。ありがたい話ではあるが、そういう世話にはあまりなりたくない。あとあと大変そうだし。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です