VAIO Type Pの実機をようやく触ってきました。
手触りは若干プラスチッキーだったけど、ネットブックほど安っぽくなかったのでよかったです。
なんといってもあのサイズと厚さでキーボードの打鍵感がしっかりしてるのがすごいと思いました。

かつてVAIO C1を2台乗り継いだのですけど(車みたいな表現だ)、どうもこのサイズ、形、コンセプトが好きみたいなんです。
以前、このサイズ、形、コンセプトでまたVAIOを作ればいいのにって書いたのですが、ちゃんと作ってたんですね。
C1は、Mac以外で唯一ほれたPCですかね。だからType Pも使ってみたい〜。

メインでMacを使いたい自分としては、Type Tだったら、何も考えずにMacBookがあればいいやって思っちゃうんだけど(薄さと軽さは魅力だけど)、Type Pはねー。MacBookかiMacと共存してちゃんと住み分けできるんだよねー。
うん、おそらく、自分ならiMacとType Pってのもありかもしれない。

ほすい。でもメインのMacを先に買い替えたいので、今は買わない。
若干改善して欲しい部分、おそらく将来改善される部分も予想されるので、しばらく様子見したいと思います。

やっぱ、iPod touchでは文字入力がつらいんでねー。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です