iPadのKindleアプリ

iPadのKindleアプリイナビル
akibyonです。

インフルエンザで、仕事を休んでいます(A型だった)。とは言え、熱が出たのは38度までで、イナビルという薬を吸引したら、1日も立たずに平熱に戻りました。最近のインフルエンザ薬はすごいですね。しかし、他の人に移していけないので、当分家で安静にしています。

家で仕事をしててもよかったのだけど、やっぱり体がしんどいので、布団に横になってiPad mini Retinaで本を読んでいます。今まではRetinaディスプレイのiPad miniじゃなくても十分だと思っていたのですが、Retinaディスプレイだと見やすくて目の負担が軽減されるように思います。今までより読書に集中できますね。読みたかった本がスムーズに読めた。
んで、iPad至上主義の自分にとっては、Kindleストアなんて関係ないと思っていたけど、よく考えてみればiOSにもKindleアプリがあったのでした。これもRetinaディスプレイだと見やすい。Kindleのホワイトペーパーよりも読みやすいんじゃないのかな(ホワイトペーパーではちゃんと読んだことありません)。これから電子書籍を買うときはKindleにしようと思う。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

自宅で旅行気分を味わえる、iPhoneマップ「Flyover」の楽しみ方

iPad ProとMagic Keyboardは最強の組み合わせか?「目からウロコ」の開き方も伝授

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です