SIMフリーのiPhone 6 Plusを、iPhone 5sのときに契約したSoftBankのSIMで使っています。音声通話付きのMVNOのSIMにしようと考えて、過去1年の費用をさかのぼってExcelに入れて傾向を分析し、今後の費用を試算したところ、意外な展開になってしまいました。

自分のiPhoneの分としてSoftBankに毎月払っている利用料は、月月割、スマホBB割(家のインターネット回線をSoftBankまたはYahoo!が提供しているサービスにしていると受けられる、いわゆるセット割)が割り引かれて、約4700円。
うち、通話は100〜200円ぐらい。
データは2GB〜3GB。

本体は一括で購入しているのと、今後も一括で購入するつもりなので、本体代については費用に入れていない。

ちなみにスマホBB割の適用を受けると、2年間は約1500円割引で、3年目からは約500円割引に減額され、以降ずっとそのまま。
また、スマホBB割はSoftBankの電話番号をキーにして適用されるため、iPhoneを機種変更して更新されない。
自分のスマホBB割は、iPhone 5に機種変したときに適用を受けたため、すでに2年が過ぎて、割引が500円になっている。つまり、3ヶ月ほど前までは、自分のiPhoneの分としてSoftBankに支払っている利用料は、約3200円だった(通話の状況によっては約3000円になることも)。
3200円が維持されるのであれば、積極的にMVNOに乗り換えるということは考えなかったと思うのだけど、4700円だとちょっと考える。

たとえば、IIJのみおふぉんのサイトに行って、データが4GBのプランで2220円と書いてあるのを見れば、自分の通話やデータの使用料では、それでちょうどよい上に、すごく安くなるように思う。
次に考えるのは、今、SoftBankからMNPすると契約解除料が約10000円かかるということ。また、みおふぉんを契約するときの初期費用も5000円ほどかかるわけだけど、今後の料金を積み上げていくと、契約解除料のかからない月まで待つ必要が全くないことがわかった。

ちなみに、12月に乗り換えたとして、そこから費用を積み上げていくと、みおふぉんに乗り換えた初期費用は来年の5月には打ち消され、1年後には24500円お得になる。
すぐにでも乗り換えたほうがよい。
と結論づけて、実際にMNPの手続きを始めようとしてから、そう単純ではないことがわかってきた。

冒頭にスマホBB割のことを少し詳しく書いたのは、ここにつながってくる。

自分のiPhoneの電話番号がSoftBankから抜けると、自宅のインターネット回線の契約も解約しなければならないとのこと。自宅に提供されているYahoo!のインターネット接続サービスは、自分のiPhoneの電話番号に対して「従」の関係になっているらしいのだ。妻のiPhoneはSoftBankのままなのだけど、そっちに名義変更や譲渡することもできないという。

まあ、それだけなら解約して、別途好きなところと契約しなおせばよいのだけど、Yahoo!のインターネットサービスを解約すると、妻のiPhone、私のiPad miniに適用されているスマホBB割が消滅する。
解約後、妻のiPhoneを主にしてYahoo!のインターネット接続サービスを契約したとしても、過去にスマホBB割が適用された電話番号に再度、スマホBB割の適用はできないとのこと。

自分のiPhoneにかかる費用だけを考えていればよいわけではなくなった。

2台分のスマホBB割で、約3000円。これが割り引かれなくなる。自分のiPhone代が4700円から2220円になり、2500円ほど安くなっても、家族全体で見たときに3000円の割引がなくなったら意味がない。

さて、どうすればよいか。

まずは、違う考え方をしてみる。
家族でスマホBB割が利用できているということで、実はMVNOの格安SIMに乗り換えたのと同じぐらい得をしている、と考えるのはどうだろうか?
うちの場合は、自分がSoftBankから今すぐにでもMNPしたほうが得することにはならない、と考える。

通信費だけで考えると、妻のiPhoneと私のiPadを全部SIMフリー機に買い替えて、一気に格安SIMにすれば安くなる。ややこしいセット割とかに悩まされなくてもよくなる。
でも、そうすると、本体代を無視するわけにはいかなくなる。
妻のiPhoneは月月割、スマホBB割、タダで機種変更キャンペーンの割引があって、あと約2年は約2500円/月なのだ。初期費用をかけて、格安SIMに乗り換えるメリットがどれだけあるかは計算しなおし。

加えて機種変したときに、上記の割引とは別に、Tポイントが20000円分ついた。
なんだか、いろいろ目眩ましをされているような気もしてきたのだけど、というわけで、すぐにでも自分のiPhoneの契約を格安SIMへMNPするという計画は保留とした。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

自宅で旅行気分を味わえる、iPhoneマップ「Flyover」の楽しみ方

iPhoneがフリーズ!起動しない!試すべき3つの方法

コロナ禍での新常識、iPhoneの掃除と除菌の正しいやり方

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です