先日、リュックのポケットからiPhone 6 Plusを床に落とした。ポケットに浅く入っている状態で、靴にかかとを入れようと屈んだ時だった。床の段差のところの角に、Lightningポートの部分が直撃し変形。ケーブルをさせなくなった。ガラスも少しひび割れ。

Appleのサポートに電話したところ、交換でしょうという話で、近所のカメラのキタムラを紹介された。これはいつものことで、こっちとしては、そんな代理店じゃなくてApple StoreのGeniusに見てもらいたいよ、なんて思って、だいたい渋谷のApple Storeに行っていた。

でも今回は、なんとなくキタムラに行ってみたところ、しっかりした知識と技術をもった集団だった。接客に関して言うなら、Apple Storeのスタッフよりも上かもしれない。

横浜モアーズのキタムラを見た限りでは、一日に来店するお客の80%ぐらいは、Apple製品のサポート目的なのではないかと思う。売上もかなりの割合を占めているんじゃないかな。これからはカメラのキタムラを贔屓にさせてもらおうと思う。
地元にあるカメラのキタムラが、こんな素敵なことをしているとは知らなかった。機会があったらカメラのキタムラを取材して、記事を書いてみたい。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

自宅で旅行気分を味わえる、iPhoneマップ「Flyover」の楽しみ方

iPhoneがフリーズ!起動しない!試すべき3つの方法

コロナ禍での新常識、iPhoneの掃除と除菌の正しいやり方

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です