MacBook Pro 2016

MacBook Pro 2016
MacBook Pro 2016 15インチを借りたので、自分が普段Mac miniとMacBook 12インチやっている作業を全部これでやってみることにした。

MacBook Pro 15inch, 2016
貸してもらったのは15インチの下位モデル。下位でもうちにあるどのMacよりも数段高性能。第2世代のバタフライキーボードはパチパチ軽い感じで打てて気持ちがいい。Retinaディスプレイも15インチで広々だし、綺麗だし。

だけど、使っているうちにキーボードは12インチのが好きだなって思うようになってきました。借りたのがJISキーボードだったってこともあるけど、キータッチもなぜか12インチの方が好きだって思った。慣れかな。USキーボードとの違いは知っていたつもりだったのだけど、じっくり使ってみて気づくこともあった。

例えば、[delete]キーが普通のキーと同じサイズだということは、今回初めて気がついた。ライブ変換が身についたせいか、文字入力で[esc]キーを押すことはまずないのだけど、[delete]キーはたまに押す。いつもの調子でタイプすると[¥]を押してしまう。

スピーカーの音はすごく良いのだけど、キーボードに手を置いた時と外した時で音の聞こえ方が違う。手が左右のスピーカーから出る音を遮るからだと思うけど、12インチだとキーボードの奥にあるので、手をどこに置いても変わらない。これは意外だった。

あと大きなRetinaディスプレイはいいってことがよくわかった。iMac 5Kの2017年モデルを待つの勇気をもらった。

Touch ID
Touch IDは便利。でも意外にパスワードを入れなきゃいけないことも多かった。ログインに関してはApple Watchで解除に慣れていると、Touch IDよりも便利だと思った。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です