BeatX

BeatX
W1チップが入ってAirPodsと同じように使えるBeatsX。カナルタイプということで、ノイズリダクションがなくても周囲の騒音による影響はある程度抑えられるし、AirPodsの低音が足りない感じも解決できるのではないかと思って、発売をずっと狙ってはいたのだけど、悩んだ末AirPodsを持ってるからまあいいかととりあえず見送りました。

発売日にApple Storeに買いに行こうかなと前日まで悩んではいたのだけど、AirPods買ったばっかりだし。満足してるし。

やっぱり左右のイヤピースをつなぐケーブルもないというのは、耳からうどんだとしても素晴らしいのです。
ただ、BeatsXはAirPodsよりも安価だし、聞いた話によるとApple Musicを3ヶ月分利用できるコードが付属するらしいので、実質約1万円で手に入ります。Bluetoothイヤホンの中では、間違いなく高性能で快適だと思うので、今後余裕ができたら使ってみたい。

関連記事

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

2019年に買って活躍したものたち

iPad Pro用にイヤホンジャック付きのUSB-Cドック購入

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です