SSDは、Solid State Survivorの略。じゃなかった、Solid State Driveの略。
YMOのおかげで「survivor」のスペルを覚えたakibyonです。最後は「er」じゃなくて「or」だよ〜。
CT512M4SSD2
1年ぐらい前から狙っていた512GBのSSD、CT512M4SSD2をようやく買いました。
正確に言うとAmazonに注文した。んで、ヤマトの人が不在票を置いてってたんで、今、再配達依頼した。
はじめに買おうと思ったときは、512GBのCT512M4SSD2が8万円台ぐらい。256GBのCT256M4SSD2が3万円ぐらいでした。
今使っているMacBook Pro(13-inch Mid, 2009)に内蔵している500GBのHDDと置き換えるためだったので、256GBだと全然足りないのですが、8万円なんて出せない(もう少しがんばれば、新しいMacが買えてしまう)ので、なんとかディスクの中身をダイエットして256GBを買おうとしてました。でも、どうしても300GBの壁を破れず、そのまま使っていたらまた400GBにリバウンドしてしまったため、256GB化はあきらめつつ、512GBのCT512M4SSD2をチェックしていたのでした。
今年に入ってから、少しずつ値下がりして6万円台、5万円台。そして4月に5万円を切って4万7千円ぐらいになったところで「買い!」と思ったのですが、6月に新しいMacBook Proが発表されることが確実になり、光学ドライブ非搭載で薄型、そしてSSDベースになるかもしれないとの噂が出てきました。
MacBook AirのようなSSD(ガムスティックSSDモジュールというらしい)だったら、CT512M4SSD2を買ってしまったら役に立ちません。指をくわえてAmazonのサイトを見ている日が続きました。
CT512M4SSD2の価格推移
5月のある日、AmazonでCT512M4SSD2をチェックすると売り切れ!
マーケットプレイスには在庫がありましたが、価格は6万円台(T_T)
1週間ほどしてAmazonにも在庫ありになりましたが、価格が5万円台後半になってる〜。(-_-;)
買い物してないのに、この気持ちの揺さぶられ感は何なんでしょうか?
もうすっかりAmazonのとりこ。
しかし、またウォッチしてると、2週間ぐらいでじわじわ価格が下がってきて、4万7千円、さらに4万3千円に。
そして迎えたWWDC 2012(つまり新しいMacBook Proが発表される日)。噂通りRetina MacBook Proは薄型でSSDベース。それもガムスティックSSDモジュール。CT512M4SSD2は入りません。
一方で従来のMacBook Proはバンプアップされたものが発表されました。この価格でこの性能はすごい(Retinaじゃないけど)。
Retinaにするか非Retinaにするか、半日揺れに揺れていました(詳しくは後日)。
CT512M4SSD2
そんなとき、なんとなくAmazonでCT512M4SSD2をチェックすると、36,981円になってる!去年末から貯めていたAmazonのポイントを使うと2万5千円ぐらいになる。
均衡保っていたシーソーのバランスが、カタン!非Retinaモデルに傾き、AmazonにCT512M4SSD2、AppleStoreに非RetinaのMacBook Proを注文したのでした。
しかしそのあとも、Retinaにしておけばよかったかもなー、とか思っていましたが、今日CT512M4SSD2の配送状況を確認するときに、現在の価格を見ると…。
CT512M4SSD2
41,980円。値上がりしてる…。うわー、なんか得した気分。何?この感覚。怖いよー。
今までの感じからすると、おそらく、また下がってくるとは思うんですけどね。
新しいMacBook Proは、まだ届きませんが、CT512M4SSD2は今日中に届くはず。今使ってるMacBook Pro 13-inch Mid, 2009に内蔵して、ちょっと使ってみようと思います。それはまた別のお話。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です