akibyonです。
プリペイド契約のiPadで3G回線を使うには、当たり前ですがチャージが必要です。1回のチャージで利用できるのは30日間、またはデータ量に到達した時点まで。
【チャージ金額】どちらを選んでも期間は30日間。
100MB:1,510円(+ウェブ基本使用料315円)
1GB:4,410円(+ウェブ基本使用料315円)
ウェブ基本使用料は毎回かかります。
iPadを買ってから30日以内に初回のチャージをしないと、契約した回線が解約されて利用できなくなります。そして最後にチャージを使い切ってから360日以内に次のチャージをしない場合も回線が解約されます。
再契約する場合は、事務手数料3,150円+新しいSIM代1,995円がかかる。
んで、プリペイド⇔定額への契約変更は一切できないことになっています。ただし、古いiPadの話ではありますが、2年縛りの間に契約解除料9,975円を払って定額からプリペイドに再契約した人がいました。このへんは今後チェックして行こうと思います。
iPad 3Gの定額をプリペイドに再契約
自分の周りでプリペイドのiPadを持ってるという人の話を聞いたことがないので、チャージの手順などを紹介したいと思います。下記の手順では初回チャージ時のもので、利用開始手続きも兼ねて行われているため、2回目以降のチャージでは行われない手順も載っています。
プリペイドチャージ
設定画面を開きます。Wi-Fiモデルには「キャリア」、「モバイルデータ通信」という項目が無かったので新鮮な感じです。チャージするには「モバイルデータ通信」→「アカウントを表示」をタップします。
プリペイドチャージ
利用規約が表示されるので「同意する」をタップします。
プリペイドチャージ
契約している回線番号と暗証番号を入力して「次へ」をタップします。
プリペイドチャージ
メールアドレスとプラン、クレジットカード情報を入力して「次へ」をタップします。メールアドレスは利用開始の確認メールを受信するためのもので、パソコンで使っているメアドでもOKです。ここで入力したクレジットカードへチャージしたデータ量に応じた料金が請求され、契約時に登録したクレジットカードにウェブ基本使用料が請求されます。違うものでもいいわけです。
プリペイドチャージ
重要事項説明で「同意する」をタップします。
プリペイドチャージ
確認画面を下にスクロールして「登録する」をタップします。
プリペイドチャージ
「閉じる」をタップします。登録したメアド宛にメールが届くので、メール内にあるリンクをクリックします。
プリペイドチャージ
「モバイルデータ通信プランが変更されました」と表示されます。これで初回の登録とチャージが完了です。
初期設定ではチャージの有効期間が過ぎたら自動リチャージする設定になっているので、これをしないように変更しておきましょう。
プリペイドチャージ
もう一度「モバイルデータ通信」設定で「アカウントを表示」をタップして画面を開きます。「自動リチャージの停止」をタップします。
プリペイドチャージ
生年月日(契約時に登録したもの)を入力して「次へ」をタップします。これで自動リチャージが停止します。
さらに、プッシュ通知などで知らないうちに通信していることがあるので、意図しない3G回線接続が行われないようにしておきます。
プリペイドチャージ
「モバイルデータ通信」設定で「モバイルデータ通信」をオフにしておきます。こうしておくと、Wi-Fiのないところで勝手に3G回線を使って通信するということがなくなります。
これでプリペイドiPadを安心して使える設定が完了です。使用感などはまた追ってお伝えします。
でゅわ!(←「では」をウルトラセブンふうに言っています)

関連記事

自宅で旅行気分を味わえる、iPhoneマップ「Flyover」の楽しみ方

iPad ProとMagic Keyboardは最強の組み合わせか?「目からウロコ」の開き方も伝授

iPad Pro用にイヤホンジャック付きのUSB-Cドック購入

使わないと損!ものすごく便利になった「iPadOS」のマルチタスク操作

Apple Pencilの書き味改善ペン先

Hey Siriが使えてワイヤレス充電にも対応のAirPods 2登場!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です