約3カ月Gillette Machsyn3 Turboを使った結果(3/15の「切れてなーい」参照)、Schick Protector3D DIAに戻しました。

Machsyn3の肌に無理なく深剃りできるというところはいいのだけど、ホルダーの形状が自分には向いていないらしく、なんか剃りにくかった。剃っているという感じが手に伝わってこない、逆に言うと、手の力が刃先に伝わらない感じなのだ。それで何が起こるかというと、剃り残しができやすかったり、変な剃り方になって肌を傷つけたり。

そういうわけでMachsyn3の替え刃を全部使い切ったタイミングで、一週間ほど前からProtector3Dに戻したところ、実にしっくり手になじみ、気持ち良く剃れている。自分にはこれがあっているようだ。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です