akibyonです。
夜の公園でPodcastを録ったら、虫の音がかなり耳ざわりなノイズになってしまったので、フィルターで高音域をカットしました。少しは良くなったのですが、ちょっといたずらでバリのウブドゥの夜の音を重ねてみました。f^_^;)
さて、今回は最近遊んでいるゲームを紹介します。
1本目は、以前から当研究所で紹介している王国経営ゲームのWe Ruleです。
なので、ゲームの説明は助手の以前書いた記事を読んでください、ということにして、ここでは私の近況をお知らせします。
werule001.png
現時点での最大レベル35になり、35で作ることのできるRed Dragon’s Lairも完成して、経験値を稼いでも何も変化のない状態に突入しました。飛び地の使い道に、面白さを感じないところがいけないのかもしれないです。
werule002.png
↑レッドドラゴンとブルードラゴンのツーショット
icon
icon
We Rule Gold(無料)をApp Storeでチェックする。
icon
2本目のゲームは、Sentinel: Mars Defenseです。
sentinel001.png
タワーディフェンス系と呼ばれるゲームで、このマップの場合では、左にある2本の道(途中で合流する)から敵が列をなして現れてきて、それを途中に武器(タワー)を設置して殲滅するというゲームです。
それぞれのタワーは威力と射程距離が決まっているので、その範囲内に敵がくれば自動的に攻撃します。そのため設置したあとは、基本的には見ているだけです。敵が道の終点に到達するとゲームオーバーです。
敵はある程度まとまって襲ってきます。このまとまりをWAVEと呼んでいます。一番簡単なマップでは、60 WAVEの敵に耐えるとマップクリアです。
武器を設置するには資金が必要で、資金を稼ぐには敵を倒す必要があります。敵を1匹倒すごとにお金が入り、1 WAVEクリアするとそのときの所持金を元にボーナスが加算されます。武器を設置しすぎるとボーナスが入らなくなるので、必要最低限のタワーでWAVEをクリアして、所持金を増やしていくのが、タワーディフェンス系のゲームでは重要なポイントになります。
sentinel003.png
Sentinelの面白いのは、通路の途中にバリケードがあって、ある程度のダメージを受けるまでそこで敵の進攻を防いでくれるところです。途中のバリケードを破られても、ゲームの勝ち負けには関係ないのですが、明らかにゲームの進め方が変わります。このおかげで難易度が低くても高くても楽しめるゲームになっていると思います。
sentinel002.png
赤色の矢印が途中のバリケード。黄色の矢印は最後のバリケードで、これが破られるとゲームオーバー。丸で囲んであるのはドローンが資源を採取しているところ。このあと説明します。
sentinel004.png
またダメージを受けたバリケードを修復してくれる、ドローンというマシーンがあり、3機まで出すことができます。バリケードがダメージを受けていないときは、資源を採集して、一定量採集すると資源庫に運びます。そこでも資金がたまるので、ドローンをどのタイミングで出すかというのもゲーム上の駆け引きになります(ドローンを出すにも資金がいる)。
sentinel005.png
このマップでは、レーザー($20)、ミサイル($50)、スロー($100)、ビーム($250)の武器が使えます。レーザーは序盤戦では大活躍します。レーザーが1匹ごとに狙って倒していくのに対して、ミサイルは広範囲の敵に大きなダメージを与えることができます。ただし連射ができない、とか、いろいろ特性があります。飛行する敵も出てきて、それには反応しない武器もあります。
sentinel006.png
このマップでは非常に射程距離の長いスナイパー($300)というタワーや、イオン($150)という対地空両方の敵を広範囲に攻撃できるタワーを設置できます。いろんなタワーが使えるのも、Sentinelのハマる要素です。
一度設置したタワーに資金を投入してパワーアップしたり、投入した金額の8割で売却することもできます。これはWAVEの途中でも可能ですし、ゲームを一時停止して行うこともできるので、素早い操作が必要になるということは全くありません。
SentinelにはEarth Defenseというパート2も出ています。最大にパワーアップすると4方向に発射するビーム砲とかがあったりして、そっちも面白そうなので買ったらそれもレポートします。
icon
icon
Sentinel: Mars Defense(115円)をApp Storeでチェックする。
icon
最後に紹介するのはポケットベガスというゲームです。
pokebega001.png
オンラインで対戦できるゲームが数本入ってます。現在はソリティア、大富豪、麻雀、ミニゲームです。スピーディーにゲームが進んでエンドレスでやってしまうのは、なんといってもソリティアですね。
やり始めるとキリがない怖いゲームです。
pokebega002.png
何ゲームかやると、アヤさんが対戦成績を教えてくれるので、それが出たらやめるとか決めてやらないと危ないです。
pokebega003.png
pocketvegas.png
ポケットベガス(無料)をApp Storeでチェックする。
icon
以上、akibyonが、ここ数カ月飽きずにやっているゲームを紹介しました。
yoko100801.mp3

関連記事

アプリを贈ろう!(KORGアプリ1,000円オフ記念)

GBA4iOSでセーブデータを移行するときの注意

GBA4iOS間でセーブデータ、ROMデータを移行する方法

KORG Gadget講座の復習と宿題(ドラムパート)

OTOTOYの学校で、KORG Gadgetの勉強をはじめました。

GBA4iOS 2.0.2インストールと起動時の不具合回避方法

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です