どうもJimmyです。
次回の記事は・・・などといいつつ、思いついたので即日アップです。書きすぎだと怒られそうですがお許しを。
タイトル通り今回は「iPhoneとiPadの棲み分け」です。
そもそもiPhoneを買った理由は以下の通りです。
・スケジュールの管理(Googleカレンダーと同期)
・移動中の暇つぶし
・流行に乗る!
以上です。
それでもいろいろと不満点はiPhoneの中でありました。以下です。
・バッテリーが持たない
・フリック入力?(今は慣れたけど)
最大の問題はバッテリーが持たないので、通話機能とiPod機能はバッテリーを食うもんだとばかり思っていて全く使っていませんでした。しかし・・・
・通話機能はそれほどバッテリー消費しない
・iPod機能はそれほどバッテリー消費しない
という事に最近になって気がつきました。遅い?
それでも「移動中の暇つぶし」に使うにはアプリを使うことになるのでどうしてもほかの機能でバッテリーを消費します。どうしよう?
予備バッテリーを持つ?いやいや、そもそもバッグとか持ち歩かないし(この時点では)・・・携帯2つ(ドコモ所持、主に通話)の時点でポケットいっぱいだし。
む〜〜〜ん。
対策を考えているうちにiPadが出てきちゃいました。
友達に聞くとどうやらバッテリーの”もち”が半端ない。1時間あたり10%の消費率とのこと。そっか!じゃあ入力(前回「自己紹介」記述参考、入力鬼のような素早さ実現)とか長く開く物はiPadで、お手軽にちょこっとやる物はiPhoneにすればいいじゃん!
ということでいとも簡単に棲み分け完了。
以下はその棲み分けです。
iPhone
・メール
・foursquare
・Bump(メインのメールはこちらなので主に連絡先の交換とiPadへの画像受け渡し)
・iPod
・暇つぶしゲームアプリ
・スケジュールの確認のみ
iPad
・各種ツイッターアプリでの書き込み/閲覧など
・スケジュールの入力
・Safariでのブラウジング
・寝床でコンバートしたビデオの掛け流し
・自慢
綺麗に棲み分けできました。
つまり、ちょこっと確認用と、じっくり入力用って事ですね。
お困りの方は是非ご参考に。
IMG_0210.jpg
ちなみに今のところのベストポジションはこれです。
次回は「おすすめアプリ」を書きます。
それではまた、Jimmyでした。

関連記事

YouTubeの動画をダウンロードして音声を取り出す

OpenEmuで2枚組のゲームをプレイするには

KindleGenはmacOS Catalinaでは動きません

Xcode 11.1がインストールできないとき

TuneMobie Apple Music ConverterはSierraで使え!

TuneMobie Apple Music Converterの動作環境

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です