TuneMobie Apple Music Converter

以前「Apple Musicの曲を汎用形式で保存できるTuneMobie Apple Music Converter」という記事を書いたのだけど、それ以来全く使っていなかった。というのも記事の最後の方でも書いたように、保存した曲はかなり音質が悪くなってしまったからだ。TuneMobie Apple Music Converterのレビューしている人たちが、このことに全く触れていないのが不思議でならない。うちだけの現象なのだろうか。

一応の対処法として、AIFFで保存したものをiTunesに読み込みm4aに変換すると多少は良くなったというところで終わりにしていた。

やはり一度アナログデータにしたものを“録音”しているわけだから、変わって当然なのはわかる。最近になって再度試したところ、どの曲も原曲とは変わるものの、耐えきれないほど音質が悪くならないものもあることがわかった。このあたりもアナログ的。どうも大きな音で入っているハイハットやクラッシュシンバルが苦手なようだ。AIFFの方がm4aより歪みに強いのかなと勝手に考えている。

昔のオーディオの知識で考えると、録音のレベルを少し下げたらよさそうに思う。でもそんな設定はない。

昔、MDの曲をUSBオーディオインタフェースを介してアナログでMacに録音したことがあるのだけど、ここまで変化はしなかった。

TuneMobie Apple Music Converterを使っているときは、「サウンド」システム環境設定で「Audiojingle」という出力が選択されている。これを経由してiTunesの音がTuneMobie Apple Music Converterに送られているものと思われる。ユーザーは何もいじれないので、それがわかったところで、どうにもならないのだが。もうちょっと調べてみようと思う。

→(さらに続き)波形を比較してみた

Tunemobileで使われているサウンド出力

関連記事

新宿でToday at Apple!「Morpholio Traceを使った透視図」

OpenEmuとPS4コントローラーでMacが最強ゲーム機に

キャンペーンのPontaポイントが付いてた

自炊してPDFにした電子書籍をトリミングしてKindle Paperwhiteで読む(2)

自炊してPDFにした電子書籍をトリミングしてKindle Paperwhiteで読む(1)

Apple Payの会計とPontaの提示を同時に行うにはエクスプレスカードではダメ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です