CANON TS8030

仕事場の環境を快適にするために要らないものを整理している。本やCDをブックオフに売っていたのはそのためだ。

加えて、プリンターを居間に移動させればエレクターの棚を1つ完全になくせる。プリンターは家族みんなが使うからそのほうが使い勝手が良くなるはずなのだけど、これまで使っていたキヤノンMP970は大きすぎるということで難色を示された。

10年以上使っていたMP970。インクの持ちもそこそこよく、ネットワーク接続できる

MP970はまだ使えるのだけど、環境を快適にするには思い切って引退させるしかない。以前より考えていたTS8030に買い換えることにした。

キヤノンTS8030
キヤノンTS8030。とてもコンパクトで軽い。MP970に比べたら体積で半分以下なのではないかと思う。上のMP970もこのTS8030もプリンタから出てきている紙はA4なので、そこで本体の大きさを比較してほしい

これに決めた理由は顔料インクの黒が使えること。そうなるとエプソンではなくて必然的にキヤノンになる。それとCD-Rなどのラベルに直接印刷する機能も欲しいので、下位のTS6030ではダメ。そもそも2万円台でTS8030が買えるので、5000円も違わない下位モデルにする必要もなかった。

買ったのは横浜西口のビックカメラ。Amazonよりもちょっとだけ高かったのだだけどポイントが1万円分ぐらいあったのと、できれば今日欲しかったから。
昼前ぐらいに店に行ったら、夕方までに無料で家に運んでくれるという。そして古いプリンターもその時に無料で引き取ってくれるとのこと。これはビックカメラで買って良かった点。

MP970のネットワーク接続は有線LANだったのだけど、TS8030はWi-Fi。有線LAN接続はできない。その点をちょっと心配したが特に問題なかった。

MP970の設定はネットワークドライバー、プリンタドライバ、スキャナードライバーなど複数のアプリを使ってインストールしなければならず結構手間だったが、TS8030はセットアップアプリ1つで完了。Wi-Fiがらみの設定はMacから情報を引っ張ってくるので、Wi-Fi接続できているMacで設定すれば、アクセスポイント名やパスワードを入力する必要がない。そうじゃないと初心者には難しいよね。

キヤノンプリンタセットアップ
このアプリだけですべての設定を完了できる

前面の給紙トレイにA4の紙をセットする場合はトレイが本体から飛び出るので、いろいろなレビューで残念と言われているけど、飛び出したとしても十分にコンパクト。全然気にならない。MP970を使っていたからそう思うのかもしれないけどね。

まだ本格的に使っていないけど、これで仕事場が少し快適になる。

関連記事

ゴジラ伝説とイクタスのこと

新宿でToday at Apple!「Morpholio Traceを使った透視図」

はじめて買ったウォークマンはカセットボーイ

パルキア、捕獲成功。やっぱり楽しい

EXレイドの招待状は最大2枚まで

筆入れに入れやすいちょうど15cmの定規

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です