ONKYO FR-155A

仕事場快適化計画続き。

2000年ぐらいに買ったONKYOのミニコンポFR-155Aを今でも使っている。UE-155を介してMacの音をデジタル出力。FR-155AはCDプレーヤのトレイが出てこなくなるというユーザーにはおなじみの故障で使えない。確か2回修理したように思う。もうCDを直接聴くことはないので、使えなくても問題ない。アンプとして使っている感じだ。

スピーカーがちゃんとしているのでそこそこいい音がする。仕事場の配置を変えてスピーカーを今までよりも離して置けるようになったので、皮膜がベトベトするケーブルを買い換えることにした。付属のケーブルは「モンスターケーブル」と呼ばれるもので、買うときに店員さんも言っていたが良いものらしい。またモンスターケーブルにするのが良いのかもしれないけど、とりあえずAmazonで安く手に入るやつにした。

あまり気にならない。ベトベトするケーブルを使っていると思いながら聴くよりも気持ちがいい。気持ちの負荷をどんどん取り除いていくのが、仕事場快適化計画の主目的なので。

関連記事

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

2020年の挑戦

2019年に買って活躍したものたち

Apple川崎オープンの待ち行列は1ブロック以上先まで伸びていた

Apple川崎に行ってきました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です