時間砲計画と続時間砲計画

akibyonです。

iPad Retina最強化計画とか、MacBook Pro最強化計画など「〜計画」ってタイトルをつけるのが好きなんですけど(なんかカッコいいから)、元ネタは小学生の頃に読んだ「時間砲計画」という豊田有恒氏のSF小説のタイトルからです。ということをFacebookに書いてから、どうしてももう一度読みたくなりました。
時間砲計画と続時間砲計画
図書館で借りてきた「時間砲計画」と「続・時間砲計画」。

青い鳥文庫版の「時間砲計画」は、このシリーズに収録する際に改訂されているようでした。なんか変だなと思って、あとで調べてわかりました。たぶん、今読んでもおかしくないようにしてあるのだと思います。インターネットで検索するシーンがあったから。あと粒子の名前も変わってた。「続・時間砲計画」のほうはそのままでした。

ちょっと思い出補正がかかっていたかもと思いつつ、一気に2冊読みました。子供の頃、この本を読んでいなかったら、ブログの記事に「〜計画」っていうタイトルはつけなかったと思うので、明らかに私を構成する成分になっています。

もしも「〜作戦」というタイトルの記事があったとしたら、それは光瀬龍氏の「夕ばえ作戦」からだということを、先にここで書いておきます。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です