akibyonです。

ふと、頭に浮かんだのが、「メインのMac、MacBook Airの11インチでいいんじゃないか?」ということ。今は、いろいろ最強化したMacBook Pro(光学ドライブ内蔵のやつ)15インチがメインだと思っている。ガチで仕事するときは、デュアルモニタにしたMac mini(つるしで買った下位モデル、自作Fusion Driveとかメモリ増設とかの最強化はしている)。ただしMac miniがあるのは、自宅じゃないので、ちょっと出かける必要がある。

そのMac miniでも、あまり問題がないというところからMacBook Airが浮上してきた。13インチじゃなくて11インチなのは、ちっちゃければちっちゃいほどいいんじゃないかということ。まあ、Mac miniもあるから、小ささのほうのメリットをとれる。

MacBook Airの11インチの利点

  • 持ち運びに便利。
  • 使う時に場所を取らない。
  • 安い!

MacBook Airの11インチの問題点

  • 画面が小さい。
  • 性能がいまいち。
  • メモリの上限が8GB。
  • ストレージ容量が少ない。
  • Retinaじゃない。

問題点の解決と妥協案

  • ガチでやるときはMac miniを使うから、画面は小さくて構わない。
  • モバイルでは小さい画面で構わないことしかしないことにすればよい。
  • 上を受けて、モバイルMacで長時間仕事できない(体のほうがつらい)。
  • それでも出先で長時間やるなら、大きなモニタがあれば、接続して使わせてもらう。
  • 性能は、今使ってるMac miniで問題ないから、問題ないんじゃないか?(我慢できるんじゃないか?)
  • 我慢できなかったら、Mac miniの上位モデル(クアッドコアCore i7)を買う方向で考えればよい。
  • メモリ8GBは必須。
  • ストレージは128GBを買っておいて、あとで512GBに最強化する(ネタになる)。こういうの
  • iTunes Matchを利用したことにより、iTunesライブラリにストレージを割かなくてよくなったので、ストレージはそもそも256GBぐらいあればよいと思う。
  • iTunesライブラリのローカル側は、Mac miniをプライマリにする(iCloudに本体があるの使い勝手はべんりだけど、心配なのでやっぱりローカルにも置いておきたい)。
  • 逆に128GBでは、はじめから足りない気がする。ネタのことを考えなければ、はじめから256GBにしておくほうが、金銭的には安くなる。
  • でも、きっと最強化せずにはいられないとは思う。
  • Retinaじゃないってことについては、MacBook Pro Retinaの13インチが候補に上がる。あと、1年以内ぐらいにMacBook AirがRetina化されたら、ショックでかい。

なんだかんだいって、MacBook Air 11インチの下位モデルをメモリ8GBにするだけ(キーボードはUSにするけど)なので、¥98,600(税別)という安さ。ストレージ256GBの上位モデルをベースにしたとすると¥118,600(税別)。

というわけで、ここではMacBook Air 11インチを買うとして、続き。ここからが「Mac環境最強化計画」の本題。

MacBook Air 11インチを買うということは、MacBook Pro 15インチを引退させるということ。さらにMacBook Pro 15インチの最強化に使ったパーツを、Mac miniに回して、ほとんどお金をかけずにMac miniを最強化できる。Mac miniとMacBook Pro(光学ドライブ内蔵)は、パーツ的に相性がとてもよい。

ローカルに保存しなければいけないものを、すべてMac miniで管理するために、まずはストレージを最強化する。現在のMac miniは、512GB SSD+500GB HDDというとても贅沢な(アホともいう)Fusion Drive。
Mac miniのストレージ

MacBook Proは960GB SSD。
MacBook Pro(光学ドライブ内蔵)のストレージ

このSSDを交換。Mac miniで960GB SSDを使った、おきて破りの(アホな)自作Fusion Driveにする。HDDは1TBのを新規に買い(8千円前後)、約2TBのFusion Drive。

次にメモリ。Mac miniは4GB×2の8GB構成。MacBook Proは8GB×2の16GB構成。これを入れ替える。
Mac miniのメモリMacBook Pro(光学ドライブ内蔵)のメモリ

これだけでかなりの最強化。

さて、まだ買っていないMacBook Air 11インチの最強化計画も考えておく。

  • 512 SSD化。

パーツの交換はSSDぐらいしかできないのでこのぐらいだけど、心意気でまだまだ最強化できる。

  • The Nifty MiniDriveでストレージを増やす。最大128GB。こういうの
  • 外部モニタに接続できるようにApple Mini DisplayPort − DVIアダプタ、VGAアダプタを買う。
  • リッドクローズドモード(液晶を閉じて外部モニタをメインするモード)で使うためのかっこいいスタンドを買う。こんな感じの
  • Bluetoothキーボードとマウス。
  • 持ち運びに便利なバッグ。
  • iTunes Matchの利用。
  • Air Playで音楽再生するためにAirMac Express。
  • 11モデルはSDカードスロットがないけど、デジカメにEye-FiみたいなWi-Fi内蔵カードを入れて、デジカメから写真を取り込む。

心意気次第でいくらでもある。

というのが、今考えているMac環境の最強化計画です。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です