普通のiPhoneケースをMagSafe対応にするリングを買ってみた

iPhone 12 Proで使っているケースが緩くなってきたのと、表面の手触りが悪い(なんとなくベタつくような)感じがしてきたので新しいのをAmazonで探してた。

MagSafeで充電できるモバイルバッテリーをしっかり固定するためには、ケースもMagSafe対応じゃないと具合が悪い。でもMagSafe対応ならどれでも大丈夫かというとそうでもなく、カメラユニット周りの縁の大きさによっては干渉してしてバッテリーの端がやや浮く感じになってしまう場合がある。自分が使っているモバイルバッテリーは純正のケースなら大丈夫なのだけど、サードパーティ製のケースだとダメなことが多い。

MagSafe対応ケースは安価のものでも3000円台なので、写真を見て大丈夫そうと思って買ったのに、やっぱりダメだったなんてことがあると困る。

というわけで、普通のケースをMagSafe対応にするリングを試してみた。種類が多すぎる上に、価格も意外に幅がありどれを選べば良いのか判断しづらい。2枚入りとか3枚入りとかまである。3枚入りでも1枚入りの他の商品と値段はほぼ変わらないとか。
ケースはカメラ周りがモバイルバッテリーと干渉しなさそうな、1000円以内のものを選んだ。

選んだMagSafe化リングは2枚入り。貼り付け失敗してももう1枚あると思えば安心して作業できるから。さすがに3枚はいらないだろうと思いとどまった。それとやってみてわかったんだけど、貼り付け位置ガイドがついているものを選んだほうが安全。

MagSafe化リングと貼り付け位置ガイド

ケースにiPhone入れてMagSafe化リングを仮置きすると、iPhoneの背面に仕込まれた磁石に吸い寄せられてリングは自ずと正しい位置に止まる。貼り付け位置ガイドはいらないのでは? と思うが、リングは両面テープで貼り付けるため一発で位置を決めなければならない。

ケースにiPhoneをセットしてからリングを仮置きしてみる。iPhone背面に仕込まれた磁石で吸い寄せられて、正しい位置に止まる
リングを仮置きした状態で貼り付けガイドをはめ込みマスキングテープで固定

貼り付け位置ガイドはただの紙で、上下に出ているベロのような部分を折り曲げて固定するんだと思うけれど、すぐずれてしまいガイドの意味をなさないのでマスキングテープで動かないように固定した。

あとはリングを剥離紙をめくって、ガイドの丸の中に貼り付ければほぼずれずに貼れる。

メッシュのケースなのでリングがしっかり貼れないのではないかと思ったのだけど、両面テープがかなり強力でも今のところ全然問題ない。

カメラ周りに干渉することなくモバイルバッテリーが使えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。