モバイル仕事はどっちが快適?M1 MacBook Air対iPad Pro頂上決戦

日経XTECHのGWスペシャルに寄稿しました。

米Apple(アップル)の自社製チップ「Apple M1」(以下M1)を搭載した「MacBook Air」を使い始めてから約5カ月たった。M1チップのMacを使ってみたいという軽い気持ちで購入したが、あまりの快適さにすぐ気に入った。

筆者は以前からモバイルでの作業には、12.9型「iPad Pro」にハードウエアキーボードを組み合わせるのがベストだと思って使っていたのだが、対抗馬が突然現れた格好だ。

現在、筆者は自宅での仕事にデスクトップ型の「iMac Retina 5K」(2017年モデル)、モバイルでの仕事に「12.9型iPad Pro」(2018年モデル)とシーンで使い分けている。どちらもそろそろ買い替えを検討してもよい時期になってきた。

特にiMacは、現在最新のOS「macOS Big Sur」にアップデートして全体的に動作が重くなった印象がある。仕事でよく使う「Adobe Photoshop」は特に起動に時間がかかり、いくつかの処理で待ち時間が気になるようになってきた。そこで2020年末に本体を分解し、ストレージをSSD+HDDの「Fusion Drive」構成(3TB)から、1TB SSD+2TB SSDに改造して延命を図ってみたものの、Photoshopに関しては大きな改善は見られなかった。どうやらストレージのアクセス速度といった「足回り」のテコ入れだけでは無理で、動作が重いのはCPUやGPUといった「頭脳」に起因するもののように思われた。

続きはこちらで
モバイル仕事はどっちが快適?M1 MacBook Air対iPad Pro頂上決戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。