iPadOS 14.5にしたらついに「OmniOutliner Pro 2」が起動しなくなってしまった。最新版は3なのだけど2をずっと使っていたから。
旧版を使い続けていた理由は、アップグレードが有償なのと、Essential版(2440円)とPro版(6100円)があって、以前はEssential版でできたことの一部がPro版にしなければできなくなったからじゃなかかったかなと思う。

ちなみにMac版は最新版は5なんだけど、今使っているのは旧版の4。これはまだちゃんと起動する。

仕方がないので旧版のOmniOutlinerを使いつつも、時折思い出しては別のアウトラインプロセッサーを探していた。条件としてはiPad ProとMacの両方で使えること。フローチャート型ではなくてテキスト改装型であること。

OmniOutlinerが起動しなくなっちゃったので、悠長なことを言っていられなくなり、ぱっと見でこれが良さそうって感じた「Cloud Outliner Pro」を使ってみている。使ってみないとわからないから。

Mac版は結構良いんだけど、iPad版は残念なところがある。

  1. ハードウェアキーボードでショートカットが使えない(Macは細かくカスタマイズできるのに)
  2. Split View表示できない

キーボードから入力がスムーズにできないと、Macで作ったものを参照するって使い方多くなってしまう。最近はMacBook Airを持ち歩くことが多いから、なんとかなっているんだけど。

あと、無料で使えるProじゃない版はMacとiPadで同期しないからすぐに有償のPro版にしちゃった。
ProはMac版が1220円、iPad版が370円。
OmniOutlinerのEssential版からさらに機能を削った感じだけど、自分の使い方にはあっててまあ納得の金額。

関連記事

Macだけでも351ELECのmicroSDは作れる!

もっと簡単にMacでPlaystationのディスクをイメージ化する

MacでPlaystationのディスクをイメージ化する

Brydge Pro+のトラックパッドがv1.5でようやくまともに

MacBook Airにスタンドをつけたら快適になりました

Boot Campでトラックパッドの3本指ドラッグを使うには

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です