日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算77回目が公開されました。

1年延期で開催予定の東京オリンピックに合わせて、2021年も「海の日」と「スポーツの日」(元体育の日)、「山の日」が、本来の日付から移動することが決まった。

祝日の移動を決める特例法の審議に時間がかかり、成立が2020年11月27日、公布が12月4日と年末ギリギリとなった。すでに印刷された紙のカレンダーやスケジュール帳などは、移動前の祝日が記載されている場合がある。

そのような中、iPhoneの標準「カレンダー」アプリの祝日表示は大丈夫だろうか。今回はカレンダーアプリに祝日を表示する方法に加えて、家族・友人の誕生日、記念日を表示するテクニックを紹介しよう。

続きはこちらで

関連記事

便利だがややこしい、iPhoneのウィジェットを使いこなす

AirPodsの音質を自分の耳に最適化、iOS 14の「ヘッドフォン調整」を使いこなす

iPhoneのカメラで手軽にRAW撮影、「Apple ProRAW」の便利な使い方

複数アカウントを使いこなす、iPhoneメールアプリの知られざる便利機能

意外と知らないiPhone内蔵の電子辞書、ネット検索より便利な使い方

iPhoneでソーシャルディスタンスを手軽に測定、iOS 14.2の「拡大鏡」

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です