米Apple(アップル)の新製品発表イベントが2020年の9月と10月に引き続き、11月11日午前3時(日本時間)に開催された。9月はiPadとApple Watch、10月はiPhoneの新モデルが発表され、「One more thing」となる今回はMacの番となった。

発表された新製品は同社製プロセッサー「M1」を搭載して登場した「MacBook Air」「13型MacBook Pro」「Mac mini」の3モデル。

筆者はディスプレー一体型デスクトップの「iMac」をメイン機として使っているため、現時点ではM1搭載iMac待ちだ。しかしモバイル用もしくはサブ機として導入する視点で今回のイベントで得られた情報を眺めていたら、これはメイン機も食ってしまいそうだと思えてきた。

続きはこちらで

関連記事

iPhoneは初期設定で使うな2021年版が出ました

コロナ禍で生きるiPad Air(第4世代)の指紋認証、新方式のTouch IDに戸惑う

「小さくなっただけ」が実はすごい、思わず二度見するiPhone 12 mini

逆光撮影にハマる!iPhone 12 Proのコンピュテーショナルフォトグラフィー

iPhone 12のデザインは「iPhone 5への回帰」?いいえ、全然違います

機種ごとの違いがハッキリしたiPhone 12シリーズ、どれにするか迷う

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です