日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算73回目が公開されました。

iPhoneで目覚めるために「時計」アプリで起床時刻にアラームを設定すると、iPhoneをサイレント(マナーモード)にしておいても音が鳴る。これは仕様なので、時計アプリのアラームを振動だけにすることはできない——。

いまだにそう考えている方はいないだろうか。確かにiPhoneが登場してしばらくはそうだったのだが、現在は振動だけのアラームも設定できる。これで起こしたくない家族や友人がそばで寝ている場合でもアラームを使える。今回はアラームを振動だけにする方法に加えて、iOS 14で進化した「ヘルスケア」の睡眠機能を紹介しよう。

続きはこちらで

関連記事

強力なパスワードを楽々管理、iPhone「キーチェーン」の使い方を覚えよう

Apple Watch併用でマスク着用時にiPhoneロック解除、本当に便利で安全か?

iPhoneの「Appleでサインイン」、ネットサービスを安全かつ手軽に使う

Webページの情報をまとめて管理、iPhone標準のメモアプリを使いこなす

WindowsとiPadでビジネス文書を共有、Officeの便利な使い方

iOS 14の新機能に戸惑わない、iPhone電話アプリ活用術

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です