日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算73回目が公開されました。

iPhoneで目覚めるために「時計」アプリで起床時刻にアラームを設定すると、iPhoneをサイレント(マナーモード)にしておいても音が鳴る。これは仕様なので、時計アプリのアラームを振動だけにすることはできない——。

いまだにそう考えている方はいないだろうか。確かにiPhoneが登場してしばらくはそうだったのだが、現在は振動だけのアラームも設定できる。これで起こしたくない家族や友人がそばで寝ている場合でもアラームを使える。今回はアラームを振動だけにする方法に加えて、iOS 14で進化した「ヘルスケア」の睡眠機能を紹介しよう。

続きはこちらで

関連記事

便利だがややこしい、iPhoneのウィジェットを使いこなす

AirPodsの音質を自分の耳に最適化、iOS 14の「ヘッドフォン調整」を使いこなす

iPhoneのカメラで手軽にRAW撮影、「Apple ProRAW」の便利な使い方

2021年の祝日は東京五輪で変更に、iPhoneのカレンダーは大丈夫?

複数アカウントを使いこなす、iPhoneメールアプリの知られざる便利機能

意外と知らないiPhone内蔵の電子辞書、ネット検索より便利な使い方

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です