「Time Flies」(時がたつのは速い)と題された米Apple(アップル)の新製品発表イベントが2020年9月16日午前2時(日本時間)から約1時間、オンラインで開かれた。

会場に関係者を集めずにオンラインのみで開催されたのは、2020年6月の開発者向けイベント「WWDC 2020(WWDC20)」に続いて2回目。オンラインでの開催は、世界中の誰もが等しく参加できる点、事前に用意されたビデオに日本語を含む6カ国語で字幕が付けられている点など、新型コロナウイルス(COVID-19)感染の拡大防止策以外のメリットも大きいと感じられる。

イベントの実施方式はもちろんのこと、発表された新製品も「新しい生活様式」を意識するものが多かった。健康に関する新機能を搭載した新型Apple Watch、リモートワークに活用できるiPadの新モデル、自宅にいながら本格的なフィットネスを体験できる「Apple Fitness+」といったサービスだ。ここでは、筆者が最も興味を引かれたApple Watchの新製品を中心に見ていこう。

続きはこちらで

関連記事

iPhoneは初期設定で使うな2021年版が出ました

コロナ禍で生きるiPad Air(第4世代)の指紋認証、新方式のTouch IDに戸惑う

「小さくなっただけ」が実はすごい、思わず二度見するiPhone 12 mini

そのスペックに思わず妄想が膨らむ、Apple Silicon搭載Macのすごさ

逆光撮影にハマる!iPhone 12 Proのコンピュテーショナルフォトグラフィー

iPhone 12のデザインは「iPhone 5への回帰」?いいえ、全然違います

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です