「Macの中で最もコストパフォーマンスの高いのはどれ?」と聞かれたら、筆者は間違いなくiMacと答える。実際に筆者は、米Apple(アップル)のディスプレー一体型デスクトップパソコン「iMac 5K」の2017年モデルを、かれこれ3年愛用し続けている。

そのiMac 5Kの新モデルが2020年8月4日に登場した。じっくり試用できたので、2017年モデルとの比較も交えて紹介しよう。

続きはこちらで

関連記事

モバイル仕事はどっちが快適?M1 MacBook Air対iPad Pro頂上決戦

M1搭載できょう体が超薄型に、7色展開の新iMacの使い方を妄想

iPhoneは初期設定で使うな2021年版が出ました

コロナ禍で生きるiPad Air(第4世代)の指紋認証、新方式のTouch IDに戸惑う

「小さくなっただけ」が実はすごい、思わず二度見するiPhone 12 mini

そのスペックに思わず妄想が膨らむ、Apple Silicon搭載Macのすごさ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です