日経XTECHの「アップル世界開発者会議「WWDC 2020」総括」の記事が公開されました。

米アップル(Apple)は2020年6月22日(米国時間)より、開発者イベント「WWDC20」をオンラインで開催した。開発者向けなので、冒頭の基調講演ではiOSやmacOSといったアップル製品に搭載されるOSの次期バージョンの紹介などがメインになるのだが、新製品が発表されることも多い。しかし今回はハードウエアの発表はなかった。

今回の基調講演の流れを考えるとそれも納得するところ。講演の後半で発表されたMacの次期OS「macOS Big Sur」は、これまでのインテル製のプロセッサーから脱却し、アップル製のプロセッサーを採用すると正式に発表され、かなり衝撃的だった。しかも古くからのMacユーザーはニヤリとしてしまう内容が随所に登場した。

macOSがこれまでに経てきた変遷と合わせて紹介しよう。

続きはこちらで
Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

関連記事

Cloud Outliner Proを導入してみました

iPhoneは初期設定で使うな2021年版が出ました

Macだけでも351ELECのmicroSDは作れる!

もっと簡単にMacでPlaystationのディスクをイメージ化する

MacでPlaystationのディスクをイメージ化する

MacBook Airにスタンドをつけたら快適になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です