インターネットチャレンジのダメージが大きく、ランクバトルのダブルができなくなっている一方、気負わずにやれるシングルは気分転換にプレイする。シングル用にチームを作っているわけはなく、負けが混んでいるダブルのチームをそのままで戦っていたら、マスターボール級になれた。シーズン3はハイパーボール級止まりだったのに。

  1. 先発でブリムオンを出し、トリックルーム。決まったらそのままマジカルフレイムかマジカルシャイン。
  2. ブリムオンが倒れたらコータスで噴火
  3. 最後にトゲキッスでダイマックス。1発目は相性をほぼ考えずにダイストリームで素早さを上げて、2発目から相性に合わせて技を出す。

という、ほぼワンパターン。途中でポケモンを入れ替えることもまずない。

シングルの環境が、このチームに有利になっているのだろうか。

ダブルにちょっと参戦してみたら、やっぱり勝てず、一時はスーパーボール級のランク8にまで落ちた。やっぱりダブルで戦うためには、チームを見直さないとダメだ。厳しいものだなぁ。

関連記事

2020インターネットチャレンジ5月(結果)

エレキシードを探して

眠り対策バチンウニ

ランクバトルシーズン5の結果

2020インターネットチャレンジ4月(結果)

キョダイマックスダイオウドウ試用中

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です