突然始まった感のあるミューツーのダイマックスレイド。2月27日のポケモンの日関連イベントなんだろうなと思う。ミュウツーが出るのはポケモンGOのレイドだけかと思っていた。

ソード・シールドではレイドに勝ってもミュウツー自体は捕まえられないのだけど、報酬がすごい。強いポケモンを育てたい人が欲しいけど集めるのがちょっと大変なアイテムをいっぱいもらえる。

  • けいけんあめL x20
  • けいけんあめXL x10
  • 銀の王冠 x1〜2
  • 特性カプセル(あったりなかったり)
  • ポイントアップ x1〜2
  • ふしぎなあめ x1〜2

個人的にはすごい特訓に使える銀の王冠がとても嬉しい感じなのだけど、けいけんあめXLが10個ってのもすごい。PP数を増やせるポイントアップも嬉しいかな。

ところがこのミュウツーがかなり強い。ソロではまず無理。息子と2人でやってみたけど、それでもダメ。NPCのポケモンが一撃で倒されていくのだ。ソロでプレイしている人のために強いジムリーダーにきてもらえる仕組みがあっても良いのかもしれない。

そこで他の2人をネットで募集したのだけど、ミュウツーは悪巧みや瞑想で特攻をどんどん上げていくので、手がつけられなくなってしまう。

Twitterではオーロンゲの挑発で積み技を使えないようにして、光の壁を張ると良いという情報が拡散されていた。ミュウツーのエスパータイプの技を悪タイプのオーロンゲだと無効にできるから有利。自分が普段バトルで使っているオーロンゲのいばるを挑発に変更して参戦した。

アタッカーとしては、ゴーストタイプでノーマル技無効、エスパー技半減のルナアーラか月食ネクロズマが推奨されていた。ミュウツーの上がった能力値を奪って攻撃するシャドースチールを使えるマーシャドーも良いとのこと。

とりあえず過去作のボックスとポケモンバンク内を探して、ルナアーラとネクロズマを連れてきた。

ネクロズマをルナアーラおよびソルガレオとそれぞれ融合させるためのアイテム「ネクロプラスルナ」「ネクロプラスソル」は、毎日通っている掘り出し物市のお兄さんからもらった。「何やら不思議な道具を掘り出しちまったんだが」ってタダでくれた

オーロンゲは、とにかく挑発を優先して入れる。その後は壁。それらが済んだらイカサマやソウルクラッシュで攻撃。HPが減ってきたら薬で全回復。ミュウツーは特殊型と物理型がいるので、攻撃の技を見てそれにあった壁を張る。

ミュウツーが1ターン目からバリアを張っている場合は挑発を入れらないので壁を張る。このときミュウツーの型がわからないからどっちの壁にしたらいいかは勘だ。特殊型の方が多いみたいなので、たいていは光の壁を張ってる。これでもし物理型だったとしても、参加してるメンバーがわかってる人たちなら仕方がないって思ってくれるはず。次のターンでリフレクターにすれば大丈夫。

バリアが破壊されたタイミングで挑発を入れるんだけど、このときオーロンゲがタイミング悪く瀕死になっているとダメなので、HP管理は重要。多少余裕を持って回復しても誰も文句ないと思う。挑発のタイミングで瀕死の方が問題。

募集で参加した際に出されているポケモンを見て、自分がオーロンゲでいくかネクロズマでいくかを決める。ネクロズマで出たら、HP管理と攻撃。もし自分にダイマックスが回ってきそうなら、バリアを2枚割れる時に回復でターンが無駄にならないように先手で回復しておくと良いと思う。

すでにオーロンゲが参加している場合は、月食ネクロズマで参戦

ってだいたいこんな感じで、参加メンバーが理解しているとスムーズに行けた。ほんとにレイドって感じだった。

面白かったパターンとしては、マーシャドーのシャドースチールがバリアを貫通して、ミュウツーの能力アップを奪えるので、1ターン目からバリアを張るタイプの場合にも対応できたこと。ただマーシャドーはエスパー技が弱点なので、一撃でやられることも多く安定しない感じがした。

マーシャドーのシャドースチールはバリアを貫通して能力アップを奪えるんだけど、ミュウツーのサイコブレイクなんかで一撃されてしまう危険がある。そのせいかイベントの後半からはあまり見かけなくなった

また、ミュウがオーロンゲの挑発の後から光の壁を張って、1ターン目から場を整えて、その後はタイミング見計らって命のしずくで全体回復するという場合もあった。これでバトルに勝った時は、ネットワークの向こうにいるミュウ使いの人とハイタッチをしたいぐらいだった。

今回、マックスレイドをやっていてわかったこととして、自分のポケモンが瀕死になっている時の「応援」の効果に、味方のHPが全回復やバリアが割れる場合があるということ。

というわけで、この記事を書いている時点ではイベントが終了しており、何戦したのか覚えていないけど、自分の持っている銀の王冠が89個になってた(他でもらった分とか使った分とかも含めて)。当分心配しなくてすみそう。

ミュウツーレイドばっかりやっていたのだけど、カントー御三家の色違い・隠れ特性が出るマックスレイドもあった。色違い・隠れ特性は必ずじゃないんだけど、報酬としてヒトカゲは火炎玉、フシギダネは毒々玉、ゼニガメは命の玉をもらえる。

どれも通常なら、トーナメントの報酬で低確率で手に入るレアアイテム。一時は海外産6Vメタモンと火炎玉を交換っていうレートだったほど。それが複数確実に手に入るのだから、無理ゲーっぽいミュウツーよりも人気があったのかもしれない。募集されているレイドになかなか入れなかったんだけど、とりあえず3個ぐらいずつは手に入ったので、まあよかった。

関連記事

2020インターネットチャレンジ5月(結果)

エレキシードを探して

眠り対策バチンウニ

ランクバトルシーズン5の結果

2020インターネットチャレンジ4月(結果)

キョダイマックスダイオウドウ試用中

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です