3万円台で買える第7世代iPad、純正キーボードやApple Pencilの使い勝手は?

日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算49回目。
3万円台で買える第7世代iPad、純正キーボードやApple Pencilの使い勝手は?

2019年9月10日に開かれた米アップル(Apple)のスペシャルイベントでは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「Apple Watch Series 5」のほかに、「iPad(第7世代)」が発表された。名前に「Air」や「Pro」などが付かないため「無印iPad」とも呼ばれている。

無印iPadはスペック的に最下位といったこともあり、iPad Proを愛用している筆者としては、安価であること以外に注目する点はないと考えていた。それどころか、これから購入する人には無印iPadではなく、「iPad Air(第3世代)」を薦めていたのである。

しかし今回のiPad(第7世代)を2週間ほど試用したところ、機能や使い勝手の面でも魅力がアップしていると感じた。

筆者が今でも愛用している「iPad Pro(10.5型)」は、iPad Air(第3世代)ときょう体はほぼ同じなので、iPad(第7世代)とiPad Pro(10.5型)の見た目の比較も交えてリポートする。特にiPad Air(第3世代)とiPad(第7世代)のどちらを購入しようか迷っている人は参考にしてほしい。

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。